2018年05月25日

Get Down with The Philly Jump - Instant Funk (Philadelphia International/Sony Music Labels)



こちらは3月にソニーのディスコ名盤シリーズの一枚として出されていたが、危うくスルーするところだったもの(上掲のコンピレーションのタイトルを見て気がついた・・・)。インスタント・ファンクはサルソウル・レーベルから数多くのヒットを飛ばしており、そこら辺はベスト盤を持ってるからいいや、といつもの悪い癖が出たのだが、本作は76年にフィラデルフィア・インターナショナルから出ていたレアなファーストアルバムだった。フィラデルフィアのベテラン、バニー・シグラーのお抱えバンドとして結成された彼らは後に“サルソウルのMFSB”的存在に成長するが、ここではインストナンバーを中心とした若さ溌溂とした演奏が楽しめる。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Love Unlimited (Geffen/USM Japan)



映画「サタデー・ナイト・フィーバー」日本公開40種年を記念して、ディスコ・ミュージックの名盤、希少盤が一枚1,080円で100種リリースされる大型企画の一枚。バリー・ホワイトが音楽シーンで名を馳せるきっかけとなった女性ボーカルグループ、ラヴ・アンリミテッドのファースト(72年)、これまで彼女たちの音楽はベスト盤のみを購入して済ませていたが、本作はもっと早く入手しておくべきだったと思った。大ヒットした「恋の雨音」をはじめこの後間もなくソウルミュージックのメインストリームの一角を占めることになるバリー・ホワイトの作風は既に完成しており、しかも女性ボーカルにホワイトの低音のつぶやきが絡む超濃厚な世界。ディスコティークのジャンルを超えて、70年代ソウルを代表する名盤といっていいだろう。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

Dock of The Bay Sessions - Otis Redding (Volt/Rhino)



オーティス・レディングの「ドック・オヴ・ベイ(当時表記ママ)」が全米チャートのトップに立ったのは今から50年前の1968年のこと。彼はこの前年の12月に飛行機事故で26歳の若さでこの世を去っている。26歳、若すぎる・・。現在の日本の芸能界で26歳(1992年生まれ)というとどこら辺になるのか検索してみたところ、白石麻衣、指原莉乃、本田翼といった名前が出てきた。彼女たちの年頃には、オーティスはすでに亡くなっていたのだよ。。。

彼の死を受けてアトランティック・レコードは追悼盤として飛行機事故の直前に録音された掲題曲をシングルカットし、それが彼にとって最大のヒットになったのは前述のとおり。次いでこの曲をフィーチャーした同名アルバムもリリースされ、アルバムチャートで最高4位を記録する好セールスをあげたが、その内容はそれまでアルバムに収録されていなかったシングル楽曲を寄せ集めたようなもので(それはそれで後期の彼のベスト的内容で悪くはないのだが)、これが最後のオリジナルアルバムとなると、オーティス様も浮かばれない。

なんてことをライノ・レコードの誰かが考えたのか、50周年の今年に1967年11月〜12月にかけて行われた彼にとって最後のレコーディング・セッションの音源を集めたアルバムがリリースされた。「ドック〜」は別とすると、最大の聴きどころは彼のキャリアを代表する絶唱といえる「I've Got Dreams to Remember」になると思うが、他にも「Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)」のアンサーソング的「The Happy Song (Dum-Dum)」が録音されたのがこんな時期になってからだったんだな、など、時系列的に混乱しがちな彼のキャリアの最終期を整理して聴くことができる。ただ、どの収録曲も彼の死後にシングルやアルバムの一部としてリリースされたものばかりなので、既に音源を持っているファンは、それを自分で組み替えるだけでいいんぢゃないか?とも思う。。。。



Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Masekela '66 - '76 - Hugh Masekela (Chisa/Wrasse)



1968年は南アフリカ出身のジャズトランぺッター、ヒュー・マセケラのインスト曲「Grazing in The Grass(草原の太陽)」が全米ナンバー1ヒットを記録した年でもあった。今年の1月に83歳で亡くなった彼の追悼盤として、彼が1966年から76年の間にリリースした11枚のアルバムから代表曲(うち重要作の『Masekela introducing Hedzoleh Soundz('73)』と『I Am Not Afraid(74年)』は全曲収録)をCD3枚分のボリュームでまとめたコンピレーションがリリースされた。

「Grazing in The Grass」は非常にグッドタイミーな雰囲気のナンバーだが、これは彼の作風のほんの一部でしかなく(と、僕は今回初めて知った)このボックスに彼が放った他のイージーリスニング風ヒットの収録はなし。常に故郷アフリカを想い“ワールドミュージック”という言葉が生まれるずっと前からワールドミュージック的なアプローチを長年続け、ジャズファンク的な作品も数多い彼の“魂の軌跡”を丁寧にたどることができる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hugh Masekela's Latest (Oldays)



こちらは日本盤でリリースされた1967年作(別掲の3枚組とは曲のダブりなし)。彼がビルボードのアルバムチャートに初めてランクイン(最高151位)を果たした作品でもある。ロサンゼルスでいわゆる“レッキング・クルー”人脈とともに録音された本作には翌年大ヒットする「Grazing in The Grass」のプロトタイプ的な自作曲「Mago」やエドゥ・ロボの作品を複数取り上げてブラジル音楽への接近を見せるなど、興味深い作品がいくつも収録されているが、中で異彩を放っているのが彼の味わいのあるボーカルで披露される「I Just Wasn't Meant for These Times(通称“ダメ僕”)」。ブライアン・ウィルソンファンなら必聴、といっておこう。



Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

How Is The Air Up There?: 80 Mod, Soul, RnB & Freakbeat Nuggets from Down Under (RPM)



1960年代のモッド系音楽を集めたボックスセットを次々とリリースしているイギリスのRPMが、次に目をつけたのはオセアニア系のロック。近年オーストラリアのレーベルとライセンス契約を結んでニュージーランドのロックバンドのコンピレーションなどを散発的にリリースしている同社の、ひとまずの集大成といえるのがこの3枚組80曲入りのボックス。サブタイトルに“フリークビート”とあるように激しめのガレージサウンドが大半を占め、これは当地のロックの一面に過ぎないとは思うのだが、これまで本国以外ではあまり知られることのなかったアーティストの音源に接することができるのはありがたい限り。この音源の供給元である現地レーベルから出されているCDも含め、今後ユニークなサウンドを求めてこのジャンルも深堀していきたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Planet Mod: Brit Soul, R&B and Freakbeat from The Shel Talmy Vaults (Ace)



初期のキンクスやフーのプロデューサーとして知られるシェル・タルミーが設立したレコード・レーベル「プラネット」の音源を総ざらいするシリーズがイギリスのエース・レコードでスタートした。1966年の1年間に10数枚のシングルをリリースし、クリエイションの「Making Time」と「Painter Man」をUKチャートにランクインさせながら短命に終わったレーベルだが、レコーディング・セッションはかなり精力的に行われたようで、このCDに収録されている音源の大半は当時未発表に終わったもの。完成品ではないのでかなりラフな仕上がりの作品が多いが“スウィンギン・ロンドン”の雰囲気を濃厚に反映したサウンドが楽しめる。なおこのシリーズ、次回は「ビート」編のリリースが予告されている。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

Three Six Nine! The Best of Shirley Ellis (Ace)



1960年代半ばに「The Nitty Gritty」や「The Name Game」をはじめとする飛び切り楽しいソウルヒットを飛ばしたシャーリー・エリスの1960年代録音集。ヒットチャートを席巻した一連のヒットは言葉遊びが中心で、子供が飛び上がって踊りだしそうなポップなナンバーが揃っており、またその後に発表されたカリプソ風味の作品も面白い。

これまでリリースされていた彼女のコンピレーションはここまでのコングレス・レーベル音源をまとめたものばかりだったが、今回はレーベルをコロンビアに移してからの録音も含まれているのが嬉しい。後期のヒット「Soul Time」をはじめこの時期の作品は質の高いノーザン・ソウルナンバーばかりなので、いずれ同レーベルから出されたアルバム(+シングル音源)のCD復刻もお願いしたいところ。



Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

He'll Be Back - The Players (Oldays)



シカゴ出身のR&Bボーカル・グループ、プレイヤーズの1966年作。歌詞に“ベトナム”が登場するR&Bヒット「He'll Be Back」ほかリードボーカルのハーバード・バトラーのハイトーンな歌声が心地よい曲が並ぶが、それを支えるコーラスを、実はデルズの面々が務めているらしいという点が、この作品の魅力となっている。これまで知ることのなかった隠れた好盤に出会うよい機会となった。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

101 Northern Soul (UMC)



ノーザン・ソウルのコンピレーションはそれこそ何百種類も出ていて、僕もいい加減買うのはやめようと思っているのだが、これだけ安くて曲がたくさん入っていると、ついつい手が伸びてしまう・・。

アメリカ南部産のソウル・ミュージックをサザン・ソウルと呼ぶのと同様に、シカゴやデトロイトで生まれたソウル・ミュージックをノーザン・ソウルと呼ぶ。と、つい思いがちだし、それもあながち間違っていないような気もする。しかし“ノーザン・ソウル”という呼称はイギリスで生まれたものなのだそう。イギリス人好みのソウル・ミュージックの“ゴールデン・イヤーズ”が1966年あたりに訪れ、それから60年代末にかけての黒人音楽が広く愛されたばかりでなく、70年代に入ってもそれらの音源が時折再発見されイギリスのヒットチャートに登場し続けるという奇妙な現象が起きている。収録曲のチャートアクションを一曲一曲併記してみたが、本国アメリカとイギリスでのヒット年に隔たりがある曲が意外と多くあって面白い。いつの時代にもイギリスの音楽ファンとともにあった“ノーザン・ソウル”が如何なるものだったかを楽しみながら知ることができるひと箱。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

The Very Best of Andy Gibb (Capitol/UMe)



アンディ・ギブが30歳の若さで亡くなって、今年で30年になるのだとか。それを記念してということか、もしくはビー・ジーズのカタログがユニヴァーサルに移った手始めということなのか、久々に彼のベスト盤がリリースされた(後で聞いた話によると、アンディの音源の権利は娘のパタが相続しており、こちらは彼女が権利を持っている音源の中からの選曲だそう)。『サタデイ・ナイト・フィーバー』ブームに沸く1977年に、ギブ3兄弟の全面的なサポートを得て全米チャートのトップに立った「I Just Want to Be Your Everything」から、彼がヒットチャートで活躍したのは5年足らず。90年代初頭にリリースされた彼のベストCDも持っている者としてはもっと新たな発見のあるコンピレーションの登場を期待したいところだが、とりあえずは聴きたくてもCDが見つからなかった状況の解消を歓迎すべきか。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aura (Aloha Got Soul)



一昨年にリリースされたハワイ産のレアグルーヴ集『Aloha Got Soul』でフィーチャーされていたハワイのAOR/ファンク・バンド、オーラの1979年作。女性ボーカルの線の細さが少々気になるがバンドの演奏力は高く、ホーン・セクションをメインとしたサウンドは“ハワイのタワー・オブ・パワー”といった趣き。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Touch of David Foster (Atlantic/Warner Music Japan)



随分前のコンピレーションだが、最近廉価の国内再発盤を入手したので。90年代初頭にリリースされたこのデヴィッド・フォスター作品集の一番の魅力は、彼名義で発表されビルボードのHOT100にランクインした3曲がちゃんと収録されている点だろう。その他彼が他のアーティストに提供した大ヒットも多数選曲されており、当時この手の音楽を敬遠しがちだった(好みではなかった・・)僕の耳にもしっかりと焼きついている“80年代の空気”のようなサウンドが真空パックされている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

Complete Album Series - Pat Suzuki (Stage Door)



1950年代後半に放映されたフランク・シナトラのTVショー、そして59年のブロードウェイ・ミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』への出演で知名度を高めた日系2世シンガー、“ミス・ポニーテール”パット・スズキが当時RCAの系列レーベルから発表したアルバム4枚をすべて収録したコンピレーション。一番の聴きどころは『フラワー〜』で披露された彼女の代表曲「I Enjoy Being A Girl」になると思うが、エキゾチックなムードが評価され、1988年のマシュー・ブロデリック主演映画『ブルースが聞こえる』でフィーチャーされた「How High The Moon」や、当時グラミー賞にもノミネートされたアルバム『Pat Suzuki's Broadway '59』など聴きごたえのある録音は多い。当時20代後半の彼女が、アルバムを発表する毎に歌声の深みを増していく様子を興味深く聴くことができる。



Track List
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Singles and Rarities - Pat Suzuki (Stage Door)



パット・スズキこと鈴木千代子が1950年代から60年代にかけてアメリカでリリースしたシングル音源のコンピレーション。ブロードウェイを活躍の場としていた彼女なので同時期のアルバムではステージ・ナンバーが数多く取り上げられていたが、シングルではリリースされる地域ごとに当地の名門大学の応援歌をB面に収録したり、ノベルティ・ナンバーに挑戦したりと、また違ったアプローチが楽しめる(UKシングルチャートにランクインした彼女の代表曲「I Enjoy Being A Girl」は別に紹介する彼女の『Complete Album Series』の方に収録されているのでそちらをご参照のこと)。

暫しのブランクの後1967年にリリースされたシングル曲ではナンシー・シナトラやレスリー・ゴアあたりを意識した雰囲気がうかがえて面白く、60年代半ばに企画されながら未発表に終わったアルバム・セッション録音もボーナス収録されているので、別掲のアルバム集とあわせ全盛期の彼女のすべてを知ることができる内容となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日