2019年10月22日

American Tunes: Songs by Paul Simon (Ace)



英エース・レコードのソングライター・シリーズの中ではやや異色な、ポール・サイモン作品のカバー集。サイモンとガーファンクルやサイモンのソロとしてのオリジナル・バージョンがいずれも印象強いため、それらとの比較として聴くことになるが、60年代から2000年代まで、様々なアーティストが様々なスタイルで取り上げており、原曲の良さもあってなかなか聴きごたえのあるアルバムになっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yesterday Has Gone: The Songs of Teddy Randazzo (Ace)



数々のオールディーズ名曲を生み出したシンガー/ソングライター、テディ・ランダッツォの“オールディーズ時代”以降の作品を集めたコンピレーション。1960年代半ば以降も彼はソフトかつドラマチックな作風で様々なタイプのアーティストの作品を手掛けており、中でもリトル・アンソニーとインペリアルズやロイヤレッツなど“プレ・スイート・ソウル”的なアーティストが、ヒットチャートで成功を収めている。ソフトロック、60年代後半の空気を反映したプログレッシブなポップ、そしてフィリー・ソウルまで、彼の一貫してメロウな作風が楽しめる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

It Might as Well Rain Until September - Carole King (Jasmine)



キャロル・キングが『つづれおり』でシンガーとして大ブレークを果たすずっと前の1962年にTOP40ヒットを記録した「It Might as Well Rain Until September」は、元々ボビー・ヴィーに歌ってもらうために制作したデモテープの出来が良かったため、自身のレーベルからシングルを発売してみたものであることは有名な話。彼女は作曲家としての活動の傍ら時折各社からアーティストとしてシングルをリリースしており、それらの音源を集めたのがこのCD。

中でも有名なのは、幼馴染だったニール・セダカが彼女をヒントに作曲した「Oh! Carol」のアンサーソング「Oh! Neil(オリジナル・シングルは天文学的な値段で売買されている)」だが、今回それより重要なのはボーナスとして収録されている「It Might 〜」同様他のアーティストのために制作されたデモ録音集の方。“スタッフ・ライター”といって差し支えないほど多くの作品を提供したボビー・ヴィーのヒット他、現在に至るまで世界中で愛され続けているオールディーズ名曲の原型が、他でもないキャロル・キングに歌われた音源がこれだけの量残され、現在も聴くことができる幸運に感謝したい。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

Pop Muzik: Ultimate Synth Pop (Union Square Music)



シンセ・ポップばかりを100曲集めたボックスセット。“シンセ・ポップ”と聞いてまず思い浮かべる80年代前半のピコピコしたものばかりでなく、80年代後半以降のユーロディスコ的なものから2000年代のEDM的なもの、更にシンセを多用した普通のポップスまで。中にはこんな曲も入れるか?と不思議に思うものもあるが、UKのマイナーヒットなど個人的に初めて聴く作品も多数。この40年間進化しているのかしていないのかよくわからない同ジャンルを、ざぁっと聴ける内容になっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electrical Language: Independant British Synth Pop 78-84 (Cherry Red)



こちらは前掲の『Pop Muzik』と比較してよりシリアスな内容のシンセ・ポップ集。1970年代末から80年代前半のUKシーンに的を絞ったもので、トーマス・ドルビー、OMD、ヒューマン・リーグなど後にオーバーグランドで成功を収めるアーティストの作品も収録されているが、大半はインディ・レーベルからリリースされUKチャートにも登場することのなかった高純度の“ピコピコ”集。“テクノ・ポップ”というフレーズに郷愁を覚えるタイプの音楽ファンには、こちらをお薦め。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

The Bootleg Series, Vol. 15: Travelin' Thru, 1967 - 1969 - Bob Dylan (Columbia/Lagacy)



ボブ・ディランの恒例ブートレッグ・シリーズ第15集は1967年〜69年にかけての未発表録音集、アルバムでいえば『John Wesley Harding』『Nashville Skyline』『Self Portrait』などを発表していた時期の作品を集めたもの。ディランは66年にオートバイ事故で瀕死の重傷を負って音楽シーンの第一線から姿を消し(実際は怪我の養生の間、後のザ・バンドの面々と通称“ベースメント・テープス”を精力的に録音しており、それらは既にボックス化済)67年末以降このボックスに収録されている作品(の完成版)とともに再び聴衆の前に姿を現した時期。かつてより穏やかな作風、そして何より『Nashville Skyline』で顕著なボーカルスタイルの変化がリスナーを大いに困惑させていた頃で、そういった作品の制作過程を知ることができる内容となっている。

が、このボックスの一番の聴きどころはそれらの作品に収録されることはなかったカントリー界の大物ジョニー・キャッシュとの交流を記録したCD一枚半分の音源の方で、スタジオ・セッションでお互いのレパートリーの交換や関係の深いアーティストの作品を取り上げる様は、かつてキャッシュがエルヴィスらと繰り広げた「ミリオン・ダラー・カルテット」を彷彿させるもの。その盛り上がりからキャッシュがホストを務めるTVショーへのディランのゲスト出演にまで発展する“幸福な邂逅”をディラン史に刻み込む、新発見多き意義あるボックスセットになっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Many Faces of Elton John (Music Brokers)



伝記映画『ロケットマン』がわが国でも公開され、そこそこの好評を博したエルトン・ジョン関連の珍品コンピ。一枚目は彼がプロデュースや客演等でかかわった作品を集めたもので、初めて聴く曲やこれまで知らなかった録音を多数収録。二枚目は録音年不明のエルトンのライブ、三枚目は様々なアーティストによるエルトン作品のカバー(かなり最近の録音の模様)ということで、入手価値があるのは一枚目だけ?という感じだが、値段が安いのでまあまあ許せる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOP 40 Santana: His Ultimate TOP 40 Collection (Sony Music)



オランダで散発的にリリースされているベスト盤シリーズ「TOP 40」のサンタナ編。彼は60年代末から70年代にかけてと、2000年前後(2000年1月1日付のビルボードチャートのナンバー1は彼の「Smooth」で、このチャートはこの先何百年も時代背景を語る際に取り上げられることになるだろう)の2回黄金期を迎えており、このコンピレーションはその両方をカバーした内容。英米のチャートヒットの大方を収録、2000年代半ば以降のヒットが漏れているのは残念だが、彼のキャリアを廉価に顧みるには最良のCDといえる。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

Shel's Girls: From The Planet Records Vaults (Ace)



英エース・レコードによる1960年代イギリスのヒットプロデューサー、シェル・タルミーの足跡を振り返るシリーズ最新盤は、彼がレコード各社で手掛けたガールポップ集。収録されているのはマイナー・アーティストばかりだが、フィル・スペクター・フォロワー的な作品からノーザン・ソウル・テイストの作品まで、ロック・プロデューサーの印象が強いタルミーの意外な一面を楽しむことができる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Goodbye, Boys, Goodbye! Girl Pop Gems: Obscure & Unreleased (1963-1967) (Teensville)



ティーンズヴィル社の知られざる60年代ガールポップ傑作選第2集。収録曲の発表年は1963年〜67年ということで、フィル・スペクターが確立した音楽制作メソッドを模倣、またはスペクター組のミュージシャンをそっくり使って制作された“音壁ポップ集”という趣のコンピレーションとなっており、ということは未だこの時代のガールポップを追い求めている音楽マニアだったら入手しない訳にはいかないディープかつ充実の内容となっている、ということである。


Track List

posted by yakame at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

Hey! Baby: The Early Years 1959-1962 - Bruce Channel (Jasmine)



1962年に「Hey! Baby」の全米ナンバー1ヒットを放ったブルース・チャネルの初期録音集(1959年〜1962年)。デビュー当初の典型的なティーン・ポップからブルースハープをフィーチャーした「Hey! Baby」のヒットをきっかけに、ブルージーな作風へとリリース毎に移行していく様子が覗える。

なお「〜Baby」でハーモニカを担当していたデルバート・マクリントン(後年自らもTOP40ヒットを放つ)はチャネルが62年に行った英国ツアーにも同行、かの地で出会ったジョン・レノンにハーモニカ奏法を伝授し、それが初期ビートルズ・サウンドの特徴の一つとなったことはよく知られているが、このCDにはその渡英時に録音されたマクリントンのソロ作と、チャネルとのデュオ“トゥ・スミス・ブラザーズ”名義の作品が貴重なボーナスとして追加されている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wooden Heart and German American Hits - Joe Dowell (Jasmine)



エルヴィス・プレスリーが映画『G.I.ブルース』で披露したドイツ産のポップナンバー「Wooden Heart」をカバーし、1961年に見事全米ナンバー1を記録したジョー・ダウェルの録音を集めたコンピレーション。シングルのヒットに合わせて急きょ制作された印象のアルバム『Wooden Heart』はタイトル曲同様他のアーティスト作品のカバーで占められており、続く『〜 German American Hits』は「Wooden 〜」の大ヒットの行きがかり上企画された(?)ドイツで生まれアメリカでも流行したポップスを集めたもの。個人的にこういった企画ものは好きだが、ダウェルのボーカルが凡庸なため作品としての魅力に欠ける・・・。ボーナスには彼が続いてリリースしたシングル音源も収められており、短期間に終わった彼の活躍のほぼすべてを聴けるといって過言ではない内容となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Madison and Teen Scene - Dicky Doo & The Don'ts (Jasmine)



ブロンクス出身のプロデューサー/ソングライターのジェリー・グラナハンは、制作したデモテープが人気DJのディック・クラークに気に入られ、1957年に彼が設立したスワン・レコードの第一号アーティスト“ディッキー・ドゥー(クラークの息子の愛称からとられている)”としてデビュー、「Click-Clack」「Nee Nee Na Na Na Na Nu Nu」といったヒットを飛ばした。このCDはその後大手のユナイテッド・アーティスツに移籍してリリースしたアルバム二作をカップリングしたもので、この時グループはすでにスタジオ・プロジェクトと化しており、内容もすっかり様変わりしたティーン向けのダンス・インストアルバムとなっている。ボーナストラックとしてスワン時代のシングルヒットも収録。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

Let's Get Together - Hayley Mills (Jasmine)



1960年代前半にディズニー映画のスターとして活躍した子役女優ヘイリー・ミルズのコンピレーションは数年前に日本でも10曲入りのシングル音源集がリリースされていたが、こちらは62年発表の彼女のアルバム『Let's Get Together』を中心に、シングル音源と映画で使用されたバージョン、更に『罠にかかったパパとママ』ほか彼女の主演作のオープニングテーマや彼女に続く同社のスター、アネットとトミー・サンズが歌う「Let's Get Together」の別バージョンなどを追加、全25曲盛り沢山に彼女の全盛期を反芻できる内容になっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ooh Ba La Baby!: Her Exciting Rock N' Roll Recordings 1956-1959 - Mamie Van Doren (Hoodoo)



1950年代〜60年代のアメリカ映画で強烈なお色気を振りまいた“セックス・シンボル”メイミー・ヴァン・ドーレンの録音集。「私がR&Rを発明したのよ!」という強烈なナンバー「The Girl Who Invented Rock'n'roll」他煽情的な作品(そのうち何曲かには映画で共演したエディ・コクランが参加!)目白押しの一方、はっきりクレジットされていないが1960年代に入ってから録音された作品も何曲か収録されており、そちらのガールポップとしてのクオリティの高さにも注目したい。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

I Was Kaiser Bill's Batman - Whistling Jack Smith (Oldays)



1967年に世界中で大ヒットを記録、我が国では日本語カバー(インスト曲なのに!)まで制作されたホイッスリング・ジャック・スミス(口笛ジャック)の「口笛天国」をフィーチャーしたアルバムの復刻盤。この作品は100%スタジオミュージシャンによって制作された、いわゆるバブルガム物で、CDの超詳細な解説(上柴さん!)によれば、この口笛の主はマカロニウエスタン映画『続・夕陽のガンマン』の有名なテーマ曲と同一人物(!!)、アルバムジャケットやTV出演の際はルックスが買われた作品と縁もゆかりもないミュージシャンが“ジャック”を演じていたのだという。

アルバムはシングルのヒットに合わせて急きょ制作されたもので、イギリスをはじめとした各国の民謡・俗謡を口笛で演奏したもの。典型的な一発屋として二度とヒットチャートに返り咲くことはなかったが、「口笛天国」はその後さまざまなラジオ番組などのテーマ曲に使用され、後年まで多くのリスナーに親しまれる作品となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Master's Apprentices (Oldays)



1970年代にハード/プログレ系のアルバム数枚を残したオーストラリアのロックバンド、マスターズ・アプレンティスが1967年に本国でリリースしていたファーストアルバム。まだサイケの波が押し寄せる前のオーストラリアで生まれたガレージ/ビートポップなナンバーが収録されている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Blue Things (Oldays)



カンザス出身のフォークロック・グループ、ブルー・シングズのファーストアルバム(66年発表)。RCAレコードからのリリースで、当時あまり熱心にロックに取り組んでいなかった同社では、フォークロック/サイケデリック世代のロックバンドとしてはジェファーソン・エアプレインに次ぐアルバムリリースということになる(シングルリリースに至ってはジェファーソンより彼らの方が先だった)。ナッシュビルで制作されたフォークロックアルバムとしては最初期の一枚。ボーナストラックとして収録されているアルバムリリース後のシングルも、フリーク・ビート調でなかなかの聴きもの。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

Abbey Road [2CD Anniversary Edition] - The Beatles (Apple/Universal)



ここ数年、年一枚のペースでリリースされていたビートルズのオリジナルアルバム50周年記念盤もいよいよ大詰め(『Let It Be』を再び丸裸にするなら話は別だが・・)、1969年発表の『Abbey Road』が登場。彼らの最高傑作といわれる同作の2019年版リミックスと、アルバム収録曲のリハーサル・テイク等を集めたディスクの2枚組バージョンを入手したが、数年ごとに行われるリマスターやリミックスは、果たして改善なのか改悪なのか、作品の新解釈なのか歴史の改ざんなのか、聴くたびに判断に迷う。。

別テイクが収められた2枚目の方は、アルバム未収録曲なども聴けたら制作の裏側が覗えてより良かったと思うが、そちらは1万円以上する“スーパー・デラックス・エディション”を入手しないと聴けないらしい・・・。ビートルズの諸作が一段落したところで、今後様々なアーティストの歴史的名盤とされるアルバムが次々と50周年を迎えることになるので、これから数年間、いったい自分は何枚の“アニバーサリー・エディション”を購入することになるのか、今から少々不安ではある。。。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Satanic Mjesties Sessions - The Rolling Stones (Eternal Grooves)



こちらは昨年50周年記念盤がリリースされていた(ただのリミックス盤だったので僕は購入を見送った)ローリングストーンズの1968年作『Their Satanic Majesties Request』期のアウトテイク集。ボーカルが入る前のベーシック・トラックを集めたもので、彼らが最も冒険的な(行き当たりばったりな??)サウンドに挑戦した問題作の制作の裏側を垣間見ることができる内容となっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

Spoofing The Big Ones! - Ben Colder as played by Sheb Wooley (Jasmine)



1958年に「The Purple People Eater(ロックを踊る宇宙人)」で全米ナンバー1を記録したシェブ・ウーリーは、基本的にこの曲のみの一発屋として音楽ファンには記憶されているが、実はカントリーの世界でもう一つの顔を持ち、そこでも大きな成功を収めている。彼が得意としたのは、その時のカントリーヒットをパロディした「No.2もの」で、音楽業界の仲間たちからのクレームを恐れてか“ベン・コルダー”の変名でリリースした「Don't Go Near The Eskimos(オリジナルは“Indians”)」がヒットを記録したことをきっかけにパロディ・ソングを量産。1962年にリリースしたアルバムがこの『Spoofing The Big Ones!』。本CDはこのアルバムにパロディの餌食となったオリジナル・バージョンをカップリングしたデラックス・エディションで、更に加えて同時期のシェブ・ウーリー/ベン・コルダー名義の録音も追加(カントリーナンバー1を獲得した「That's My Pa」が収録されていないのは残念)。シェブ・ウーリーの多才な活躍ぶりを楽しめる。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Recordings 1961-1963 - Marty Robbins (Enlightement)



1950年代から57歳の若さで亡くなる82年までヒットを生み続けたカントリーシンガー、マーティ・ロビンスが1961年〜63年に録音したすべての作品を収めた4枚組。ヒットチャートを庭わせたシングル曲は勿論、彼の比較的癖のないボーカルスタイル(と所属したコロンビア・レコードの社風)からか、アルバムの内容はウェスタンからスタンダードナンバー、ハワイアンやカリプソまで多岐に及び、彼の意外な魅力を楽しめる。


続きを読む

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Drifter/Saddle Tramp/What God Has Done/Christmas with Marty Robbins (Morello)



こちらはマーティ・ロビンスが1966年〜67年にリリースした4枚のアルバムを集めたコンピレーション。彼が得意とする通称“ガンファイター・バラッズ”もの2作(うち『Saddle Tramp』は当時レコード会社の通販のみで発売されていたレア盤)に、ゴスペル、クリスマス・アルバムと、相変わらず多作な彼の活躍ぶりを現在に伝えている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

What Memories We Make: The Complete MainMan Recordings 1971-1974 - Dana Gillespie (Cherry Red)



1970年代前半にデヴィッド・ボウイと活動を共にしたことで知られる女性シンガー、ダナ・ギレスピーがリリースした2枚のアルバムを中心に、その前後の時期に録音したデモ作品などを収めた2枚組CD。ボウイがプロデュースし、ミック・ロンソンが参加した73年のグリッター・ロックアルバム『Weren't Born A Man』と、ブリティッシュ・スワンプの好盤とされる74年作『Ain't Gonna Play No Second Fiddle』の振れ幅の間を埋める様々な試行錯誤が、未発表音源をまじえて明らかにされている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesley Step Lightly: The GM Recordings Plus 1974-1982 - Lesley Duncan (RPM)



イギリスの女性シンガーソングライター、レスリー・ダンカンの一昨年にリリースされた『Sing Lesley Sing』に続く作品集は、彼女の1974年〜82年にかけての録音を集めた3枚組CD。デビュー当時から続く素朴なシンガーソングライター然としたサウンドから、次第に時流に合わせたコンテンポラリーなサウンドを取り入れ、それが功を奏したり奏さなかったり・・という諸作が発表順に収められている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

Anthology: The King of Comic Singers, 1894-1917 - Dan W. Quinn (Archeophone)



1925年以前に制作された“アコースティック録音”の音楽を専門に復刻するレーベル「Archeophone」の、19世紀末から20世紀初頭に活躍したアーティストにスポットを当てたリイシュー・シリーズ「アンソロジー」のダン・W・クイン編。1890年代のレコード産業黎明期を代表する人気アーティストの一人であるクインは、CDのタイトルにあるコミック・ソングばかりを歌ったシンガーではなかったので、このCDは彼のヒット曲を網羅したような内容にはなっていないが、当時の社会や生活に根差した様々なテーマ(「もし黒んぼが大統領になったら」なんてそれから100年以上たって正解がわかる問題も含む)を取り上げたユニークな作品集になっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Anthology: Singer, Songwriter, Soldier - Arthur Fields (Archeophone)



こちらは1910年代に人気を博したシンガー、アーサー・フィールズのアンソロジー。彼は非常に器用、というかオファーがあれば何でもこなすタイプのシンガーだったようで、収録曲にはCMソングもあれば、選挙キャンペーンの曲や第一次世界大戦の戦意高揚歌、はたまた兵士が「一生このままベッドの中で過ごせたら・・・」とぼやく“非国民ソング(笑)”まで。さらにその後活躍の場をトーキー映画の吹き替えや黎明期のラジオ、レコードが生まれる以前の時代の流行り歌を記録として残すためのレコーディングまで広げた“何でも屋”な彼の活動を丁寧に紹介している。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

The Daisy Age (Ace)



エース・レコードから90年代の、しかもヒップホップのコンピレーションがリリースされるとわ・・・。タイトルの『DAISY (da inner sound y'all) AGE』はこのCDの選曲者による造語のようだが、一言でいえば80年代後半から90年代初頭に次々とシーンに登場したいわゆる“ネイティヴ・タン”一派の作品を集めたコンピレーション。中心的存在のデ・ラ・ソウル、ア・トライブ・コールド・クエスト、ジャングル・ブラザーズをはじめ“ニュー・スクールのリーダーたち”がずらり。それまでのマッチョなヒップホップとは一線を画した音楽センスは、国境を越えてイギリスのアシッドジャズや日本のフリーソウル(まだそんな言葉はなかったけど)といった音楽ムーブメントと呼応しあい、90年代前半クラブ文化独特の空気感をグローバルに創り上げた。こういった90年代を掘り下げたコンピレーションが、今後続々と登場することを期待したい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rhythm Is A Dancer: Ultimate 90s Club Anthems (Union Square Music)



イギリスでリリースされた1990年代のダンスヒットをシングルバージョン(多分)で100曲集めたボックスセット。僕もまだ真剣にヒットチャートを追いかけていた頃の“(流行が一周回りきっていないサウンドのダサさも含めた)懐かしの90年代ヒット”が満載だが、こういったコンピレーションがアメリカでも出てくれたらいいのに・・・と当時のUKチャートをほとんどチェックしていなかった僕は思う。アメリカで未だにCDなんか買って聴いている人なんで、最早いないのかもしれないけど。。。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

Live It Up!: Bayswater Beat Girls 1964-1967 (Ace)



エース・レコードの会社別UKガールポップ集最新盤は、フィリップス、フォンタナ、マーキュリーの音源からの選曲。同社の看板シンガーであるダスティ・スプリングフィールドや70年代にエルトン・ジョンがらみでブレークするキキ・ディー他数組以外は無名のシンガーばかりだが、ダンサブルな楽曲が多数収録され、ノーザン・ソウル的見地からいってかなり優秀な内容のコンピレーションとなっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする