2020年02月01日

I Feel A Song Coming On: The Songs of Jimmy McHugh (Retrospective)



1920年代から長きにわたってブロードウェイの様々なショーに500曲以上の楽曲を提供した作曲家、ジミー・マクヒューの作品集。コミカルなナンバーからムーディなバラードまで、現在もなおカバーが繰り返される名曲が数多く収録されている。

余談になるがナット・キング・コール1951年の大ヒット「Too Young」と、56年にヒットを記録した「Too Young to Go Steady(本CD収録)」が全くの別曲であることを、この時代の音楽に興味を持つようになって約30年にして、このCDで初めて知った・・。再録音なのかなぁ、くらいに思っていた私が浅はかでした。。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lullaby of Broadway (& Hollywood!): Songs of Harry Warren (Retrospective)



こちらも1920年代から50年代まで、ブロードウェイのショーや、その後はハリウッド映画に数多くの作品を提供したハリー・ウォーレンの作品集。ジャズ史上屈指のスタンダード「Lullaby of Broadway」や1957年の映画『めぐり逢い』主題歌など誰もが知る超有名曲の他、1940年前後10年間のいわゆる“ビッグ・バンド・エラ”を象徴する大ヒットを数多く手がけていたことがわかる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I'll Sing You A Thousand Love Songs: His 53 Finest 1933 - 1958 - Denny Dennis (Retrospective)



イギリスのダンスバンド全盛期に活躍したシンガー、デニー・デニスが様々な楽団で残した録音を集大成した力作コンピレーション。まだ公式のUKチャートが存在しない時期だったので当時どれだけ社会に浸透した録音なのかは不明だが、ソフトながら非常に男性的なボーカルは、ダンスバンドの単なる添え物を越える存在感を誇示している。

幾つかのバンドの看板シンガーを務めた後彼は様々な楽団やメディアのためにピンポイントでボーカルを務めるようになり、中にはトミー・ドーシー楽団に客演し全米チャートにランクインした作品(残念ながら本CDには未収録)や、ヒット曲のカバーを専門にリリースするレーベルへの吹込みなども。当時の音楽業界の様々な様子を知ることができる内容になっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

America's Greatest Hits 1946 (Acrobat Music)



1946年に生まれたすべてのTOP10ヒット98曲を収めた4枚組CD.世界大戦は終結したものの、リソース不足は継続していたのか同じ曲の競作バージョンがやたらと収録されているが、通常この手のコンピレーションでは有名アーティストが優先され、選曲から漏れるケースが多いマイナーアーティストのバージョンも漏れなく収録されているのが、チャートマニアには有難い。以前紹介した1945年編でも触れたかもしれないが40年代前半にあれだけ隆盛したビッグバンド・ジャズ系の楽団の名前が目立って減っている一方で、それ以前から活動している“スウィート・バンド”系の楽団がしぶとくヒットチャートに登場し続けている点は、今後より詳しく研究すべき課題かもしれない。

1946年にはアメリカとソ連の間で早くも冷戦が始まっていたようで、南米各国を資本主義圏に取り込む文化政策があったのかラテン調のナンバーがヒットチャートに目立って増えていたり、一方でこの年にヒット曲を連発した「ARA (American Recording Artists)」なるインディ・レーベルが、実はソ連の諜報網をサポートするロシア資本の会社だったり・・と、当時の政治背景も知った上で聴くと興味深い。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The 1953 British Hit Parade: The B Sides (Acrobat Music)



1951年〜1962年にUKチャートに登場したヒット曲すべてを年毎にまとめて収録するという狂った企画『The British Hit Parade』シリーズのスピンオフで、それらのヒット曲のB面曲をこれまた年毎にまとめるという、いったいこの地球上にどれほどのニーズがあるのか甚だ疑問なシリーズの1953年編。他のコンピレーションではまず聴く機会のない楽曲が満載であることは確かだが、僕以外でこんなCDを購入する(しようと思っている)日本人が果たして存在するのか、ブログを書いてて非常に不安に思う。。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

The Leo Reisman Hits Collection 1921-40 (Acrobat Music)



こちらは1920年代〜30年代に活躍したレオ・ライズマン楽団のヒット曲集。収録曲のクレジットを見るとヴォーカリストが目まぐるしく入れ替わっていることがわかるが、これは彼の楽団がブロードウェイやミュージカル映画から生まれた楽曲を、実際のキャストをスタジオに呼んで録音するスタイルをとっていたから。なので今日まで歌い継がれている数々のスタンダードナンバーの、最初に音盤化されたバージョンがライズマン楽団であるケースは意外と多い。中でもフレッド・アステアと共演した「Night and Day」や「Cheek to Cheek」は、アステアのキャリアを代表する名唱中の名唱。目眩がするほどの名曲のオンパレードを、当時のスタイルでたっぷりと楽しみたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Freddy Martin Hits Collection 1933-53 (Acrobat Music)



1930年代〜40年代のアメリカで最も人気のあったスウィート・バンドの一つ、フレディ・マーティン楽団のヒット曲集。ロマンチックな楽曲が多い中、この楽団を最も特色づけていたのはピアニストのジャック・フィナをフィーチャーしたクラシックをベースにしたナンバーの数々で、中でも「Bumble Boogie(熊蜂の飛行)」は、戦後復興期の我が国のヒットパレードにもランクインを果たすほどの人気を博している。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

The Viscaynes & Friends (ORG Music)



1960年代初頭にアメリカ西海岸で結成され、数枚のシングルを残した男女・人種混合グループ、ヴィスケインズをメインとしたコンピレーション。ドゥワップ調のポップ・バラードはどれも水準以上の出来で、オールディーズファンを満足させるに十分な内容だが、本盤をより価値あるものとしているのは、これらの録音が同グループのメンバーだったシルヴェスター・スチュアート(後のスライ・ストーン)のファースト・レコーディングと目されている点。スライの意外な音楽的ルーツが明らかとなった貴重な作品集である。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Twistin' King: The Best of Jack Hammer 1958-1962 (Jasmine)



ジェリー・リー・ルイスの「火の玉ロック」やワンダ・ジャクソンの「フジヤマ・ママ」といったヒットを生み出したソングライター、ジャック・ハマーのアーティストとしての側面にスポットを当てたコンピレーション。本国アメリカでは目立った成功を収めることができなかった彼はヨーロッパに渡ってブレーク、60年代前半には“ザ・ツイスティン・キング”の称号を得るほどの活躍をした。本コンピレーションは彼がアメリカ、イギリス、ベルギーなどでリリースした音源を30数曲集めたもので、ベルギー発のR&B再評価運動「ポップコーン」シーンでも親しまれているであろう、ユニークなツイスト・ナンバーが多数収録されている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

Only After Dark: The Complete Mainman Recordings - Mick Ronson (Cherry Red)



デヴィッド・ボウイのバックバンド「スパイダーズ・フロム・マーズ」の花形ギタリスト、ミック・ロンソンが、ボウイが設立したプロダクション「メインマン」に残した音源を網羅した4枚組ボックス。スパイダー〜をバックにソロデビューを果たした1974年のヒット作『Slaughter On 10th Avenue』、モット・ザ・フープルやボブ・ディランの「Rolling Thunder Revue」の一員としての活動の端境期に発表した75年作『Play Don't Worry』に、発売が計画されながら結局日の目を見なかった76年のセッション、更にその前後のライブ録音まで、グラム・ロック華やかなりし時代のサウンドを今に伝える貴重録音集。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

London Social Degree - Dana Gillespie (Rev-Ola)



こちらはスパイダーズ・フロム・マーズの歌姫としてボウイ一座に華を添えたダナ・ギレスピーが、それ以前の60年代後半に発表していた2枚のソロアルバムをカップリングしたCD。オリジナルアルバムのジャケットから察するに、おそらくメリー・ホプキンやマリアンヌ・フェイスフル風のカワイ子ちゃんフォークロックを期待されて世に送り出されたであろう彼女が、そこを逸脱したビート感やブルージーなフィーリングを時折垣間見せる瞬間が非常に面白い。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete De Wolfe Sessions - The Electric Banana (Grapefruit)



1960年代イギリスのビートブーム期に登場したR&Bバンド、プリティ・シングズは、ブーム終焉後もサイケ〜プログレッシブ期を経て70年代以降までコンスタントに活動を続けたが、こちらはその彼らの“裏バージョン”。60年代後半以降なかなかシングルヒットに恵まれなかった彼らは、アルバイトとして自らのサウンドトラックを持たない映像作品に音楽を提供する“ライブラリー・ミュージック”を制作するバンド「エレクトリック・バナナ」としての活動を本業と並行、70年代後半までに5枚のアルバムを残した。プリティ〜同様のビートナンバーやポップサイケから、70年代のパワーポップ風の楽曲まで、彼らのアナザー・サイドを楽しめるCD3枚組。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

No Other/No Other Sessions [1] - Gene Clark (4AD)



1973年にオリジナルメンバー5人で再結成され、アサイラム・レコードからアルバムをリリースしたザ・バーズ。そのメンバーだったジーン・クラークが引き続き同社とソロ契約を結び翌年にリリースした彼にとって4作目のアルバム『No Other』は、近年カルト的な評価を高めているのだという。同作のリマスター盤にスタジオセッションの様子を追加した2枚組の本盤は、AOR的な雰囲気に流れることなくプログレッシブなカントリーロックを実現した完成版と、そこに至る装飾をそぎ落としたスタジオライブ的な演奏の両方を楽しむことができる。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sunshine in My Rainy Day Mind: The Lost Album - Polly Niles (Grapefruit)



「Sunshine in My Rainy Day Mind」「The Milk of The Tree」といった曲がポップサイケや女性フォークロックもののコンピレーションによく収録されているシンガーソングライター、ポリー・ナイルス初の単独コンピレーション。1960年代ニューヨークのフォークシーンで活動し、一時期ランブリン・ジャック・エリオットと結婚していたこともあるという彼女がイギリスのエンバー・レコードと契約し、ニューヨークとロンドンで2枚のシングルとそれらを含むアルバム1枚分の音源を録音しながら結局正式にリリースされることがなかった録音群が、約50年経過した今般CD2枚分のボリュームに拡大されて日の目を見ることに。彼女の自作曲も、バッファロー・スプリングフィールドをはじめとするカバー曲も、女性シンガーソングライター好きやアシッド・フォーク好きの音楽ファンの琴線に触れること間違いない内容。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Elektra Recordings - Tom Rush (Wounded Bird)



ニューハンプシャー州出身のフォークシンガー、トム・ラッシュが1960年代にエレクトラ・レコードに残した録音を集めた2CD。他のフォークアーティストとは異なり、自作曲より他のソングライターやトラディショナル曲を積極的に音盤で取り上げていた彼の、フォークブームの中デビューした65年の弾き語りアルバム『Tom Rush』、ボブ・ディランのエレクトリック化に触発されたのかブルージーなバンド編成で録音された『Take A Little Walk with Me』、サウンドとボーカルをさらに深化させた『The Circle Game』の3枚のうち、特に聴きものは1968年当時まだそれほどメジャーではなかったジョニ・ミッチェル、ジェイムス・テイラー、ジャクソン・ブラウンといった彼より若い世代のソングライター作品を中心に取り上げた『The Circle Game』で、タイトル曲は同曲のベスト・バージョンといっていい出来。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

The Best of JAM & LEWIS Works on Tabu Records (Tabu/Solid/Ultra-Vybe)



1980〜90年代のR&B界最重要プロデューサー・チームの一つ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの2人がジャンルを超えて注目が集まるきっかけとなったのは、80年代半ばにタブー・レコードから連発されたアレクサンダー・オニール、シェレール、SOSバンドといったアーティストによる数々のヒットによって。タブー発ジャム&ルイス製のR&Bナンバーを満載したこのコンピレーションは、ジャネット・ジャクソンの『Control』で全米チャートを席巻する直前の彼らの、飛ぶ鳥を落とす勢いでバブリーな昭和末期サウンドを今日反芻するに最適な内容となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R.O.A.R. (Tabu/Solid/Ultra-Vybe)



1980年代にサンタナ・バンドに在籍していたパーカッション奏者3人を中心に結成されたユニットが、何故かタブー・レコードからリリースした1985年作。バンドのメンツからゴリゴリのラテン・ロックを期待したいところだが(僕もそれを期待してCDを購入したが)意外にも内容は打ち込み&シンセ満載の当時ありがちな中庸ロック。ジャーニーをはじめ、かつて近しい存在だったミュージシャンたちが次々と商業的な成功を収める姿を見て「俺たちだって!」の意気込みで制作されたものなのか。R&Bテイストの強い楽曲にいい曲もあるが、全体的には中古屋で1ドル98セントくらいの(笑)内容。ボーナスで収録されているジャム&ルイスによるリミックス・バージョンは、今となっては貴重。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

Stony Island (Soundtrack) - The Stony Island Band (Glades/TK/Solid/Ultra-Vybe)



シカゴの“ストーニー・アイランド”と呼ばれるディープな地域を拠点に活動するR&Bバンドの日常を描いた1978年の映画『Stony Island』サントラ。本盤のコーディネーターは数ヶ月前に当ブログでジェイムス・ブラウンとの奇妙なコラボレーション盤を紹介したデイヴ・マシューズで、召集されたミュージシャンはデヴィッド・サンボーン、アンディ・ニューマーク、ジェイムス・ギャドソン、パトリース・ラッシェンといったスタジオシーンのエース級たち。1978年リリースながらディスコ色は全く感じられず、1971〜74年あたりの録音といわれても全く違和感を感じない空気感。遅れてきたニューソウル時代の佳作として、コレクションに加えておきたい一枚。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Billion Dollar Band (Good Sound/TK/Solid/Ultra-Vybe)



こちらは数年前にソリッドからTK系のリイシュー・シリーズの一枚として出ていて、いずれ1,000円シリーズで再リリースされないかと様子をうかがっていたけれど全然出される気配がないので結局中古盤で入手した一枚。1977年にTK傘下に設立された「グッドサウンズ」からリリースされた“10億ドルバンド”唯一のアルバム。アルバムのクレジットを見るとTKファミリーのバックアップもあり会社の高い期待がうかがえるが、残念ながらヒットチャートに爪痕を残すことはできず。ファンキーなダンスナンバーやスイートソウル系のバラード、更にはパワーポップ調の「Candy Girl」までバラエティに富んだ内容でクオリティは決して低くはないが、そのとっ散らかった内容がコアな支持者を生みにくい要因となったのかもしれない。マイアミ・ソウル関連盤として、入手の価値はある一枚。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

I Like What You're Doing to Me - Young & Company (Brunswick/Solid/UltraVybe)



マイク、ケネス、ビリーのヤング3兄弟とベーシストのバディ・ハンカーソンらがニュージャージーで結成したR&Bバンド、ヤング&カンパニーがブランズウィック・レコード活動末期の1980年にリリースしたアルバム。女性シンガー、ジャクリーン・トーマスをボーカルに起用しリリースしたシングル「I Like What You're Doing to Me」がイギリスで思いがけないヒットとなったことから急きょ制作された印象のこのアルバムは、収録曲の約半分がポスト・ディスコ的なインストナンバーで占められているが、アルバムタイトル曲をはじめとしたボーカルナンバーではジャクリーンのヘタウマなボーカルが何ともいい味わいを醸し出している。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gotta Get It - Tony Valor Sound Orchestra (Brunswick/Solid/UltraVybe)



ディスコ時代を象徴するDJ、トム・モールトンと「T.N.T.プロダクション」を設立し音楽制作を行っていたプロデューサー/ソングライターのトニー・ヴェイラーが1976年にブランズウィックからリリースしたインスト・ディスコアルバムで、本作からは「Gotta Get It」がディスコチャートでヒットを記録している。音楽的にはヨーロッパのイージーリスニング楽団が盛んにリリースしたディスコアルバムに近く(本CDのジャケットもヨーロッパでリリースされた版を使用)バリー・ホワイトのラヴ・アンリミテッド・オーケストラに端を発し、世界中に広まった“イージーリスニング・ディスコ”を好む方であれば満足いただけるはずの内容。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

Hi Rarities Vol.1 : Dancin' and Steppin' (Hi/Solid/UltraVybe)



昨年末にソリッド・レコードからリリースされたR&B名盤980円シリーズから。メンフィスのサザンソウル名門レーベル、ハイ・レコードのカタログから日本独自に非メジャー曲を中心に全101曲を選曲した4枚のシリーズで、それぞれ「Dancin' and Steppin'」「Funky and Groovy」「Tender and Mellow」「Slow and Deep」のタイトルが冠されている。

僕が洋楽を聴き始めた1980年代前半、サザンソウルといえば学究派の巣窟のような印象があり、うかつに足を踏み入れてはいけない雰囲気があったが、今回(数年前に出たコンピレーションの再プレスだが)のシリーズはその反省か地域だとか年代だとか小難しいことは置いといて“グルーヴ”をテーマに選曲をしたものなのだとか。ハイ・レコードの典型的なホーン・サウンドに、平均点以下のボーカリストが加わる“レアリティーズってこんだもんだろっ!”的録音が多い中で、時折ユニークな作品が登場する瞬間がCDを聴いていてとても楽しい。“ハイ・レコードのことを一番よく知っているのは日本人である”と言ってしまって問題ない(?)偏愛たっぷりのコンピレーション。


Track List

posted by yakame at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

Whitney Houston: The Ultimate Collection (Arista/Nippy, Inc./Sony Music Labels)



1,000円で買えるホイットニー・ヒューストンのベスト盤。彼女のキャリアは1985年のソロデビュー以降最初の10年はとにかく順調、特にポップチャートでは後年マライア・キャリーが登場するまでは無敵の“女王”状態。92年には主演映画『The Bodyguard』から生まれた「I Will Always Love You」が記録的なヒットとなり頂点を極めたが、同年に結婚したボビー・ブラウンとの私生活が徐々にキャリアに影をさすようになり活動はスローダウン。98年にリリースしたアルバム『My Love Is Your Love』はレコード会社の努力もあり何曲かのTOP10ヒットを生むことに成功したが、その後は低迷期に入り、カムバックを試みていた最中2012年のグラミー賞前夜に突然の死を迎えた。ポップ/R&Bチャートに40数曲のヒットを残した彼女のキャリアをカバーするには、この18曲入りベストはあまりに物足りないが、代表曲をチェックするためであれば便利なコンピレーションである。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20 - TLC (Epic/LaFace/Sony Music Labels)



こちらも年末にリリースされた「ヨーガクトクセンBEST」シリーズの1枚。元々はTLCの結成20周年を記念して数年前にリリースされたベスト盤の再プレスだが、あのヤンチャな少女たちが音楽シーンに登場してもうすぐ30年(!)になろうとしていることも、メンバーの1人が既に存命でないことにも、時間の流れを感じさせられる。彼女たち最大のヒットアルバムである94年の『Crazy Sexy Cool』で若い世代向けの警鐘として歌われた「Waterfalls」に、メンバー自身がはまっていくことになろうとは・・。90年代のガールズR&Bシーンに多大な影響を与えた彼女たちの代表曲を一通りさらえる便利な一枚。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

Now 100 Hits: Even More Forgotten 80s (Now That's What I Call Music LLP/Sony Music/Universal Music On Demand)



数か月前にリリースされ、その“Forgotten”の定義について一部のチャートマニアの間で物議を醸したコンピレーション『Forgotten 80s』が、好評(?)を受け早くも続編をリリース。一発屋を中心に、メジャーアーティストのヒットながら代表曲とは呼ばれないヒットなど、今日ではなかなか聴くことのない楽曲が100曲ぎっしり。このシリーズ、今後もどんどん続けて欲しい。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Now 100 Hits: Forgotten 90s (Now That's What I Call Music LLP/Sony Music/Universal Music On Demand)



こちらは忘れられた90年代ヒット集。当時はよく耳にしていたが、その後20数年すっかり忘れていたような曲や、それほど忘れていなかった曲など全100曲が並ぶ。個人的に90年代は全米チャートは熱心にフォローしていたものの、UKシーンはあまりチェックしていなかったので、名前は知っていたけどこういう曲だったんだ・・というものが多く勉強になった。すべてヒット曲なのでリアルタイム世代には大変懐かしく聴ける一箱だと思う。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Now 100 Hits: Forgotten 70s (Now That's What I Call Music LLP/Sony Music/Universal Music On Demand)



さらには“忘れさられた70年代”ボックスも。ここら辺はヒットから40〜50年たっているので、いい加減忘れさせてくれよ!という気もするし、そもそもこんな曲初めて聴くよ!!という曲も少なくない。他のコンピレーションではなかなか聴けない曲が多く、当時のイギリス人の音楽的好みがよくわかる内容なので大変勉強になる。イギリスのアラ還世代は、このボックスをゲラゲラ笑いながら懐かしく聴いているのだろうか。。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

Yesterday, Today, Tomorrow: The Greatest Hits of Kenny Loggins (Columbia/Sony Music Labels)



年末にソニー・レコードからリリースされた税抜1,000円の「ヨーガクトクセンBEST」シリーズから、これまで何故か未入手だったものを。ケニー・ロギンスはMTV世代にとっては“サントラの帝王”というディスりに近い称号を冠されたアーティストで、華美で派手派手しいヒットを連発した印象が強いが、その一方で過去の彼を知る音楽ファンには「いや、本当はそんな人じゃないんだよ。」と擁護の言葉をよく耳にするという、なんとも評価が定まらない印象を長年持ち続けていた。1997年にリリースされたこのベスト盤は、彼のソロキャリアをほぼカバーした内容で、チャートヒットも大方を聴くことができる。AOR系のメロウなナンバーと“帝王系”ポップの二本立てとなっており、サントラ路線は1980年の「I'm Alright」からその後ほとんど作風が変わらないこともわかる。このままだと彼のことを嫌いになってしまうので(笑)初期のアルバムをボックス化した『Original Album Classics』のリリースを待ち、それを聴いて最終評価を下すことにしたい。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ultimate Survivor (Volcano/BMG/Sony Music Labels)



多くの音楽ファンにとってサバイバーは映画『ロッキー3』の主題歌「Eye of The Tiger」の一発屋、もうちょっと詳しい音楽ファンには映画『ロッキー4』の主題歌「Burning Heart」も加えた二発屋、というイメージが強いはず。しかしリアルタイム世代はご存知の通り、彼らは80年代半ばはヒットチャートの常連的存在で、ヒット曲は枚挙に暇がない。

1970年代のシカゴエリアでちょっと名の知れた幾つかのバンドのメンバーが寄り集まった“プチ・スーパーグループ”の彼ら・・・という話を始めると長くなるので割愛して。1970年代後半から“ライトなアメリカン・ハードロック(この言葉矛盾してる??)”を得意とし、80年代を通じて20曲ものHOT100ヒットを生み出した。個人的には二代目ボーカリストのジミ・ジェイミソン時代のヒットが耳に馴染みがあるが、こういう他愛のない(失礼!)ロックナンバーに“アメリカ”を感じた時代が、なんとも懐かしい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

All My Life: The Best of Karla Bonoff (Columbia/Sony Music Labels)



1980年前後に活躍した女性シンガーソングライター、カーラ・ボノフ自身の選曲によるベスト税抜き1,000円盤。彼女の決して多いとはいえないヒット曲すべてが収録されていないのは不満があるが、現在ベンチャーズ並みの頻度で来日を繰り返す彼女の、ライブステージのお土産としては最適の内容なのだろう。六本木にある「Billboard Live」のカウンターで見かけたら是非購入をお薦めしたい一枚。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

小西康陽 presents 大都会交響楽: Readymade digs Brunswick (Brunswick/Ultra-Vybe)



数年前にリリースされたピチカート・ファイヴの小西康陽選曲のブランズウィック・レーベル音源集が、税抜き980円で再プレス。ヤング・ホルト・アンリミテッドによるイージーリスニング調の「California Montage」や、まるでハーパース・ビザールのようなアーティスティックスの「Girl I Need You」など、R&Bレーベルとしては異色な作品(サバービア風にいうと“ヤングソウル”??)が多数収録されており、同レーベルのアザー・サイドが楽しめる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Giles Peterson: Brunswick Bubblers (Brunswick/Ultra-Vybe)



こちらは1980年代〜90年代に「Acid Jazz」「Talkin' Loud」といったレーベルを主宰し、イギリスのクラブジャズシーンを牽引したジャイルズ・ピーターソンが選曲したブランズウィック作品集。イギリスのクラブ・カルチャーの生き字引ともいえる人なので70年代の“ノーザンソウル”的視点も感じられる一方で、クラブ・ユースを意識してかインスト・ナンバーが多めに選曲されているなど、小西康陽選曲版とはまた違った角度から同レーベルの魅力が味わえる。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

Reconsider Me: The RAM Singles & More Southern Gems - Margaret Lewis (Ace)



ハロルド・ドーマンの「Mountain of Love」やジョニー・アダムスの「Reconsider Me」の作者であるカントリー系のシンガーソングライター、マーガレット・ルイスが、1960年代前半に彼女のビジネス・パートナーのミラ・スミスが設立したレコード・レーベル「RAM」に残した音源を集めたコンピレーション。ロカビリー調のナンバーから“ディープ・ソウル”と表現したくなるサザン・バラードまで、ルイジアナ・エリアの音楽の深さを知ることができる内容となっている。


Track List

posted by yakame at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Singles As & Bs 1956-1962 and more - Bonnie Guitar (Jasmine)



日本では昭和32年のヒット「ダーク・ムーン」で知られる女性シンガー、ボニー・ギターの初期録音集2CD。カントリーを本拠にしたアーティストだがクセがなく艶のある歌声でポピュラー系の録音もこなし、月をテーマとした曲ばかりを集めた57年のアルバム『Moonlight and Shadows』も、ゴスペル集の58年作『Whispering Hope』も女性ボーカルファンには聴き逃せない内容。なお彼女は実業家としてレコード・レーベルの「ドルフィン(後のドルトン)」を設立してフリートウッズやヴェンチャーズを世に送り出し、アーティストとしても1989年(彼女は60代!)までカントリーチャートに登場するなど、その後も幅広く息の長い活躍を続けている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Greatest Country Hits of 1961 (Acrobat Music)



アクロバット・ミュージックの年別カントリーヒット集、今回は1961年編。R&Rブームが一段落し、60年代のカントリーシーンの主役たちがほぼ顔を揃えたこの時期、ポップチャートでもクロスオーバーヒットとなったストリングを多用した“ナッシュビル・サウンド”ものばかりでなく、後のカントリーロック勢に取り上げられるアーシーなサウンドのヒットも多数生まれており、百花繚乱の感あるラインナップとなっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Steel Guitar Hall of Fame (Nashville/Starday)
The Steel Guitar and Dobro Sounds of Shot Jackson and Buddy Emmons (Nashville/Starday)



こちら2枚はたまたまネットで見つけて物珍しさから買ったもの。恐らくナッシュビルを訪れると土産物屋のワゴンセールで売っているようなコンピレーションで、当地のスチール・ギターの名手たちの録音が集められている。音源はスターデイという現地のインディ・レーベルのもので内容はしっかりしており、本物のカントリー・ミュージックが楽しめる。中でもドブロ・ギターをフィーチャーした後者のコンピレーションは他では見かけない内容なので、貴重盤といえそう。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

Sweet Talkin' Guy - The Chiffons (Oldays)



1960年代前半に活躍したガールシンガー/グループは、1964年のビートルズ旋風に端を発するブリティッシュ・インヴェージョンを機にそのほとんどがヒットチャートから姿を消すことになったが、その中で(モータウン系のグループは別文脈になるので除外すると)シャングリラスやレスリー・ゴアなどごく限られたアーティスト同様チャートに踏みとどまったグループの一つがシフォンズ。1963年の「One Fine Day」以来のTOP10ヒットとなった「Sweet Talkin' Guy」をタイトルに冠した66年のアルバムがボーナス付きで復刻された。

彼女たちをバックアップしていたのはトーケンズの面々からなる“ブライト・チューンズ・プロダクション”。ソフトなポップ感覚と時代のサウンドを融合させることに長けた彼らは65年にはいち早くサイケデリックな感覚を取り入れた「Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me)」を彼女たちの作品として送り出して他のガールグループとは一味違う一面を見せ、翌年にはトーケンズ自身や弟分のハプニングス同様ソフトロック的な感覚がうかがえる「Sweet 〜」を手掛け、チャートの第一線に返り咲かせた。その後これに匹敵するヒットは生まれなかったがこの時期の彼女たちの作品はどれも佳曲揃いで、ソフトなポップスを好む向きには是非ともお薦めしたい。

余談になるがシフォンズはその後ジョージ・ハリソンが70年にリリースした「My Swet Lord」が彼女たちの過去のヒット「He's So Fine」のパクリでは?という騒動で再びスポットが当たり、なんと彼女たち版の「〜 Lord」もリリースしてしまう悪ノリぶりを見せ、72年にはノーザンソウル・ブームで60年代に録音されたR&Bナンバーが次々とヒットチャートに再登場していたイギリスで「Sweet Talkin' Guy」が再ヒット(最高4位)。デビューから約10年間にわたり表舞台で活躍を続けることとなる。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする