2020年07月10日

Ready or Not: Thom Bell's Philly Soul Arrangements & Productions 1965-1978 (Kent Soul)



ケニー・ギャンブル&レオン・ハフと並ぶフィリー・ソウルの生みの親、トム・ベルが手がけた作品を集めたコンピレーション。1960年代半ばの“アーリー・フィリー”の時代から、70年代半ばのフィリー・ソウル全盛期まで。彼が生み出したサウンドは地元出身のアーティストばかりでなくジャンルや国籍をも超えた“フィリー詣で”と呼ばれる現象を引き起こすほどに様々なアーティストたちに取り上げられた。彼の代表的なヒットからレアな楽曲までを網羅するとなれば、とてもこのボリュームでは足りない!是非ともシリーズ化、もしくはボックスセットの企画をお願いしたいところ。


Here I Go Again - Archie Bell & The Drells ('72 UK#11)
I Can't Take It - The Orlons
You've Been Untrue - The Delfonics
Look The Other Way - Lesley Gore
Tick-Tock - Connie Stevens
What I See - Three Degrees
Moody Woman - Jerry Butler ('69 R&B#3/POP#24)
What Kind of Lady - Dee Dee Sharp
Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love) - The Delfonics ('68 R&B#14/POP#35/UK#41)
I Wanna Be A Free Girl - Dusty Springfield ('70 POP#105)
It's The Same Old Love - The Courtship
People Make The World Go Round (Single edit) - The Stylistics ('72 R&B#6/POP#25)
Back Stabbers - The O'Jays ('72 R&B#1/POP#3/UK#14)
One Man Band (Plays All Alone) - Ronnie Dyson ('73 R&B#15/POP#28)
Do You Remember Yesterday - The Intruders
I'm Doin' Fine Now - New York City ('73 R&B#14/POP#17/UK#20)
Life Is A Song Worth Singing (Album version) - Johnny Mathis ('74 R&B#65/POP#54)
Something for Nothing - MFSB featuring Thom Bell
Could It Be I'm Falling in Love - The Spinners ('72 R&B#1/POP#4/UK#11)
You Make Me Feel Brand New (Album version) - The Stylistics ('74 R&B#5/POP#2/UK#2)
Close The Door (Single edit) - Teddy Pendergrass ('78 R&B#1/POP#25/UK#41)
It's Gonna Take A Miracle - Laura Nyro & Labelle ('72 POP#103)
Track of The Cat (Album version) - Dionne Warwick




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。