2020年07月07日

Indian Bred Vol.2: Indian Rock 'n' Roll, A Look at Native-American Titles (Atomicat)



こちらは“インディアン”をテーマにしたオールディーズ集、ただしお馴染みの「悲しきインディアン」や「河の娘パッチス」などは登場しないコアな内容。“Black Lives Matter”な現代では恐らく永遠にラジオの電波に乗ることはないであろうヤバイ楽曲ばかりだが、明らかに蔑視混じりの何曲かは別として、こういった“インディアン・テイスト”が音楽の魅力になっていたことも事実。このシリーズ、今後も続編が予定されているようだが、一体どのような内容になるのか、注視していきたい。


Cherokee Boogie - Jimmie Davis
Wigwam Willie - Carl Phillips
Comanche - Link Wray & The Wraymen
Red Wing - Roy Hogshed
Chief Um - Otis Williams and His Charms
White Lightnin' Cherokee - Onie Wheeler
Renegade - The Vectors
Squaws Along The Yukon - Eddie Noack
Big Chief Boogie - Spade Cooley
Indian Boogie - Bob Hoban & The Midniters
Old Apache Squaw - Johnny Cash
Indian Giver - Pee Wee King
Chief Woopin' Koff - The Fireballs
Geronimo - The Miller Brothers
Kaw-Liga - The Davis Sisters
Geromino Stomp - Barry Darvell
Indian Boogie - Buster Pack and his Lonesome Cowboys
Cheyenne - Bo Diddley
Navajo - The Strangers
Rain in The Face - Eddie Vinson
Geromino - Tony Douglas
Boppin' Wig Wam Willie - Ray Scott
Cherokee Steel Guitar - Blackie Crawford
Choctown Boogie - Bob Reed
Cherokee - Pete Goble & Billy Gill
Too Many Chiefs and Not Enough Indians - Roy Hogshed
Comanche Rock'n'Roll - Larry Manuel
Chief Sittin' Bull - Tommy Hawk




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。