2020年07月04日

From Legal Eagles to Tijuana Brass (1958-1962) - Herb Alpert (Jasmine)



ハーブ・アルパートが架空のマリアッチ・バンド“ザ・ティファナ・ブラス”を率いて1962年に颯爽と全米チャートに登場する以前の数年間、彼はアメリカ西海岸のラジオDJ兼ソングライターとして他のアーティストに曲を提供する傍ら(サム・クックの「Wonderful World」がその時期の代表曲)自身のアーティストとしてのキャリアをあれこれ模索していた。

1950年代後半から60年代前半にかけて様々なレーベル、様々な名義でリリースされたこれら作品は、ノヴェルティ、ジャズ、ティーンポップ、ダンスナンバーなど多岐にわたり、年を追うにつれて作品のクオリティが上がっていく様子と、彼のトランペットの相も変わらずなヘタウマぶり(笑)が印象的。ティファナ・ブラスの作品では、あまりCDで聴く機会のない「悲しき闘牛士」と「アカプルコ1922」のシングル・バージョンが貴重かも。


Herb B. Lou and The Legal Eagles ('58)

The Trial
Kiss Me



Herbie Alpert & His Quartet ('59)
Sweet Georgia Brown
Viper's Blues



Herbie Alpert & His Sextet ('59)
Summer School
The Hully Gully



The Roosters ('62)
Fun House
Chicken Hop
Fun House [Alternative Version]



Herbie Alpert ('60)
Finders Keepers
This Game Called Love



Dore Alpert ('61-'62)
Gonna Get A Girl
Dreamland
Little Lost Lover
Won't You Be My Valentine
Tell It to The Birds
Fallout Shelter




The Tijuana Brass feat. Herb Alpert ('62)
The Lonely Bull ('62 POP#6)
Acapulco 1922 [Single Version]



The Lonely Bull - Herb Alpert & The Tijuana Brass ('62)The Lonely Bull - Herb Alpert & The Tijuana Brass ('62 US#24)
The Lonely Bull [Alternative Version]
El Lobo (The Wolf)
Tijuana Sauerkraut
Desafinado
Mexico
Never On Sunday
Struttin' with Maria ('63 POP#102)
Let It Be Me
Acapulco 1922
Limbo Rock
Crawfish
A Quiet Tear (Lagrima Quita)




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。