2020年01月16日

The Best of JAM & LEWIS Works on Tabu Records (Tabu/Solid/Ultra-Vybe)



1980〜90年代のR&B界最重要プロデューサー・チームの一つ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの2人がジャンルを超えて注目が集まるきっかけとなったのは、80年代半ばにタブー・レコードから連発されたアレクサンダー・オニール、シェレール、SOSバンドといったアーティストによる数々のヒットによって。タブー発ジャム&ルイス製のR&Bナンバーを満載したこのコンピレーションは、ジャネット・ジャクソンの『Control』で全米チャートを席巻する直前の彼らの、飛ぶ鳥を落とす勢いでバブリーな昭和末期サウンドを今日反芻するに最適な内容となっている。


Never Knew Love Like This (Extended Version) - Alexander O'Neal & Cherrelle ('88 R&B#2/POP#28)
Saturday Love - Alexander O'Neal & Cherrelle ('86 R&B#2/POP#28)
The Finest (Extended Version) - S.O.S. Band
What's Missing - Alexander O'Neal ('86 R&B#8)
(What Can I Say) to Make You Love Me - Alexander O'Neal ('89 R&B#68)
High Hopes - S.O.S. Band ('82 R&B#25)
Will You Satisfy? - Cherrelle
You Were Meant to Be My Lady (Not My Girl) - Alexander O'Neal
All True Man - Alexander O'Neal ('91 R&B#5/POP#43)
Keep It Inside - Alexander O'Neal & Cherrelle
When You Look in My Eyes - Cherrelle
Tell Me If You Still Care - S.O.S. Band ('83 R&B#5/POP#65)
Weekend Girl - S.O.S. Band ('85 R&B#40)
Sands of Time - S.O.S. Band
Everything I Miss At Home - Cherrelle ('88 R&B#1)
Crying Overtime - Alexander O'Neal




posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。