2019年12月22日

Sweet Talkin' Guy - The Chiffons (Oldays)



1960年代前半に活躍したガールシンガー/グループは、1964年のビートルズ旋風に端を発するブリティッシュ・インヴェージョンを機にそのほとんどがヒットチャートから姿を消すことになったが、その中で(モータウン系のグループは別文脈になるので除外すると)シャングリラスやレスリー・ゴアなどごく限られたアーティスト同様チャートに踏みとどまったグループの一つがシフォンズ。1963年の「One Fine Day」以来のTOP10ヒットとなった「Sweet Talkin' Guy」をタイトルに冠した66年のアルバムがボーナス付きで復刻された。

彼女たちをバックアップしていたのはトーケンズの面々からなる“ブライト・チューンズ・プロダクション”。ソフトなポップ感覚と時代のサウンドを融合させることに長けた彼らは65年にはいち早くサイケデリックな感覚を取り入れた「Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me)」を彼女たちの作品として送り出して他のガールグループとは一味違う一面を見せ、翌年にはトーケンズ自身や弟分のハプニングス同様ソフトロック的な感覚がうかがえる「Sweet 〜」を手掛け、チャートの第一線に返り咲かせた。その後これに匹敵するヒットは生まれなかったがこの時期の彼女たちの作品はどれも佳曲揃いで、ソフトなポップスを好む向きには是非ともお薦めしたい。

余談になるがシフォンズはその後ジョージ・ハリソンが70年にリリースした「My Swet Lord」が彼女たちの過去のヒット「He's So Fine」のパクリでは?という騒動で再びスポットが当たり、なんと彼女たち版の「〜 Lord」もリリースしてしまう悪ノリぶりを見せ、72年にはノーザンソウル・ブームで60年代に録音されたR&Bナンバーが次々とヒットチャートに再登場していたイギリスで「Sweet Talkin' Guy」が再ヒット(最高4位)。デビューから約10年間にわたり表舞台で活躍を続けることとなる。


Swet Talkin' Guy ('66 POP#10)
Up On The Bridge
Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me) ('65 POP#49)
Thumbs Down
Just A Boy
Down, Down, Down
Out of This World ('66 POP#67)
My Boyfriend's Back ('66 POP#117)
Open Your Eyes (I Will Be There)
March
Keeo The Boy Happy
See You in September




Bonus Tracks:
Easy to Love (So Hard to Get) ('64 POP#105)
Sailor Boy ('64 POP#81)
What Am I Gonna Do with You (Hey Baby)
Tonight I'm Gonna Dream
Stop, Look and Listen ('66 POP#85)
If I Knew Then (What I Know Now)


posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。