2019年12月19日

She Came from Liverpool!: Merseyside Girl-Pop 1962-1968 (Ace)



1960年代前半のリバプールには、ビートルズ以下数百とも数千ともいわれる“マージービート”と総称されるビートバンドがひしめいていたと半ば伝説のように語られているが、当地の婦女子も負けじとレコードデビューの機会をうかがい、その中には実際にデビューのチャンスをつかんだアーティストも少なくなかった・・・という内容のコンピレーション。リバプール出身の女性アーティストで最も成功を収めたのは“ビートルズの妹分”としてデビューしたシラ・ブラックであることは間違いないが、他にも様々個性的なアーティストが活躍していたことがわかる。ビートサウンドから純粋なガールポップまでスタイルは様々、新しいロックの時代に果敢に挑んだ女子たちの記録がここで聴ける。

なおCD最後に収録されているサンディ・エドモンズの「Come See Me」はニュージーランド産のガール・ガレージ・クラシックとして様々なコンピレーションに収録されているが、ライナーノーツによると彼女は15歳までリバプールで育ったのだとか。「だから何だ」といわれそうだが、指摘があるかもしれないので一応書いておきます・・。


Love of The Loved - Cilla Black
Long Tall Shorty - The Liverbirds
Everybody Loves A Lover - Beryl Marsden
I Want You - Jeannie & The Big Guys
Baby Don't Look Down - Tiffany with The Thoughts
Someone to Love - The Three Bells
What's She Got (That I Ain't Got) - Beryl Marsden
Only You Can Do It - The Vernons Girls
That Boy of Mine - The Breakaways
Something I've Got to Tell You - Glenda Collins
I Don't Understand - Nola York
Just for Him - Samantha Jones
Am I Dreaming? - Tiffany
Till He Tells Me - Jacki Martin
A Shot of Rhythm and Blues - Cilla Black
Sticks and Stones - Jeannie & The Big Guys
Why Do You Hang Around Me - The Liverbirds
I Don't Want to Be The One - Samantha Jones
Sally Go 'Round The Roses - Lyn Cornell
Puppet On A String - The De Laine Sisters
Dumb Head - SHARADES
Lover Please - The Vernons Girls
Just Being Your Baby (Turns Me On) - Cindy Cole
Baby You're So Right for Me - The Satin Bells
Come See Me - Sandy Edmonds




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。