2019年12月19日

It's Getting Better: The '64 - '68 Anthology - Jimmy Nicol (Timebox)



1964年に行われたビートルズのワールドツアーで、リンゴ・スターが病気のため出演しなかった二週間だけメンバーとして彼らに同行したドラマー、ジミー・二コルのアンソロジー。イギリスのスタジオシーンでは名の知られたドラマーだった彼(ビートルズへの参加もジョージ・マーティンの推薦だという)はツアーから帰国後彼自身の名義で何枚かのシングルをリリースした後、スウェーデンの人気インストバンド、スプートニクスに加入。ちょうど「霧のカレリア」が人気を呼んでいた時期で来日公演も度々行われ、その名は知られてなくても日本の音楽ファンにはなじみ深いミュージシャンの一人であった。

このCDは彼のスプートニクス時代以外の録音を集めたもの。イギリスでリリースされたシングルはオルガンをフィーチャーした“モッドJAZZ”風のインスト、1968年にメキシコに渡ってアメリカ人ソングライターのエディ・クインと結成した“二コルクイン”のアルバムはゆる〜いソフトポップで、それぞれのジャンルのファンに再評価されそう。なおアルバムタイトルの「It's Getting Better」は彼の口ぐせだそうで、数年後それをふと思い出したポール・マッカートニーがジョン・レノンとともに作った曲が『サージェント・ペパーズ』収録のあの曲になった、というエピソードは、ビートルズマニアの間ではよく知られているのだとか。


Los Nicolquinn ('68)

When The Sun Goes Down (Cuando El Sol Cae)
Beyond My Life (Mas Alla De Mi Vida)
I'm Lost (Estoy Perdido)
The Same Old Way (La Misma Vieja Forma)
Black Sun (Sol Negro)
Whims and Fancies (Antojos)
Easy (Facil)
I'm On My Way (Estoy En Camino)
Unknown (Desconocido)
Something Stupid (Algo Tonto)




Bonus Material
Jumping Jack Flash - The Jimmy Nicol Show



UK Singles 1964-1965
Humpty Dumpty - Jimmy Nicol and The Shubdubs
Night Train - Jimmy Nicol and The Shubdubs
Husky - Jimmy Nicol
Don't Come Back - Jimmy Nicol
Clementine - The Sound of Jimmy Nicol
Bim Bam - The Sound of Jimmy Nicol
Roaring Blue - The Sound of Jimmy Nicol




Interviews
Jimmy Nicol with The Beatles 1964
Jimmy Nicol - Beatles Press Conference in Adelaide



posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。