2019年11月19日

Andy Warhol and Music (Jade)



今年の秋から世界中を巡回するというアンディ・ウォーホルの回顧展(日本では2020年の秋に京都で開催されるらしい)に合わせて企画された、彼に関連した音楽のコンピレーション。1枚目のCDは「Friends of The Factory」と称し、彼の全面的なバックアップでデビューを果たしたヴェルヴェット・アンダーグラウンドに始まり、ジッパー付きの有名なアルバムジャケットを提供したローリングストーンズ、ビデオクリップ制作に携わったカーズなど彼と関わりの深いアーティストの作品集。続く2枚目のタイトルは「The Playlist of The Factory」で、彼の作業場である「The Factory」で(多分)大音量で流されていた音楽を集めたもの。サイケなロックから古典的なR&R、クラシック作品まで、彼のインスピレーションの元となった音楽がふんだんに詰め込まれている。


Friends of The Factory

Sunday Morning - The Velvet Underground
Venus in Furs - The Velvet Underground
Chelsea Girls - Nico
These Days - Nico
Heart of Glass - Blondie
Sweet and Low - Debbie Harry
Drive - The Cars
Walk on the Wild Side - Lou Reed
Like a Rolling Stone - Bob Dylan
Sister Morphine - The Rolling Stones
Open House - Lou Reed & John Cale
Cool Mac Daddy - Ultra Violet
Tribute to NJP - Ryuichi Sakamoto





The Playlist of The Factory
River Deep Mountain High - Ike & Tina Turner
Sunshine Superman - Donovan
Take Good Care of My Baby - Bobby Vee
Nowhere to Run (Single Version) - Martha & The Vandellas
Shout (Parts 1 & 2) - The Isley Brothers
I Saw Linda Yesterday - Dickey Lee
Petrushka: Tableau IV - Fete populaire de la semaine grasse - Ernest Ansermet
Mass in C Major, K.317 "Kronungsmesse": VI Sanctus - Igor Markevitch
La Traviata, Act III: Addio del passato - Soprano: Maria Callas
Die Zauberflote, K. 620, Act II: Der Holle Rache kocht in meinem Herzen - Rita Streich
Quatuor pour la fin du Temps: V. Louange a l'eternite de Jesus - Wolfgang Meyer





posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。