2019年11月04日

You're The Reason: The Early Years - Joe South (Jasmine)



1968年の「Games People Play」のヒットでアメリカ南部産ポップ・シーンのトップ・シンガーソングライターに躍り出たジョー・サウスが、音楽シーンに登場したのはその10年前の1958年のこと。当時大ヒットしていたノヴェルティ・ソングのキャラクター2つを強引に引き合わせた「The Purple People Eater Meets The Witch Doctor」を皮切りに様々なレーベルからリリースした粗削りなR&R作品では、同郷のレイ・スティーヴンスやジェリー・リードといったその後のカントリーシーンを支える才能あふれるミュージシャンたちがバックを務めており、彼らの隆盛を予感させる内容となっている。本CDはサウス当人がリリースしたシングル音源に加え、盟友ビリー・ジョー・ロイヤル、R&Bグループのタムズなど他のアーティストに提供した作品もボーナスに収録した、彼の初期活動の集大成。


I'm Snowed
It's Only You
The Purple People Eater Meets The Witch Doctor ('58 POP#47)
My Fondest Memories
Texas Ain't The Biggest Anymore
One Fool to Another
What A Night
Chills
Baby, That's Alright
Play It Cool
Little Bluebird
Tell The Truth
If You Knew Her
Let's Talk It Over
Formality
You're The Reason ('61 POP#87)
Juke Box
Bye Bye My Love - The Chips
What A Lie - The Chips
Masquerade
I'm Sorry for You
Just to Be with You Again
Slippin' Around
Just Remember You're Mine
Silly Me
Us Tracks



Dark Glasses - Billy Joe Royal
Deep Inside Me - Linda Brannon
Untie Me - The Tams ('62 POP#60)


posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。