2019年10月31日

60s UK Harmony Pop Battle Royale: The Gibsons vs The Cymbaline (Teensville)



かつてヴィー・ジェイ・レコードからリリースされていたビートルズとフォー・シーズンズのカップリング盤のデザインを模した本CDの主役は、方やオーストラリアからビートブームに沸くイギリスに乗り込んだギブソンズ、方や60年代半ばにイギリス各地をツアーしビーチ・ボーイズやフォー・シーズンズタイプのハーモニーを聴かせていたシンベリン。チャートヒットを持たぬこの二組を“ハーモニー・ポップ”のキーワードで強引に引き合わせてしまったのはオーストラリアの物好きなレーベル、ティーンズヴィル。ソフトロック、ポップサイケといった言葉に弱い音楽ファンであれば、このCDのよさはわかるはず。


The Gibsons

Any Time That You're Lonely
Born to Be Free
Come Summertime
A Summer Affair
Two Kinds of Lovers
Hey Girl
The Magic Book
You Know I Need Your Loving
Night and Day
City Life
She's Not Like Any Girl
Lazy Summer Day
Only When You're Lonely
Ode to A Dolls House




The Cymbaline
Please Little Girl
Top Girl
Can You Hear Me
I Don't Want It
Where Did Love Go Wrong
Peanuts and Chewy Macs
Found My Girl
Matrimonial Fears
You Will Never Love Me
Down by The Seaside
Fire
Turn Around
Come Back Baby
Comin' Home Baby




Bonus: The Cicadas
That's What I Want
Let's Try Again



posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。