2019年10月10日

Madison and Teen Scene - Dicky Doo & The Don'ts (Jasmine)



ブロンクス出身のプロデューサー/ソングライターのジェリー・グラナハンは、制作したデモテープが人気DJのディック・クラークに気に入られ、1957年に彼が設立したスワン・レコードの第一号アーティスト“ディッキー・ドゥー(クラークの息子の愛称からとられている)”としてデビュー、「Click-Clack」「Nee Nee Na Na Na Na Nu Nu」といったヒットを飛ばした。このCDはその後大手のユナイテッド・アーティスツに移籍してリリースしたアルバム二作をカップリングしたもので、この時グループはすでにスタジオ・プロジェクトと化しており、内容もすっかり様変わりしたティーン向けのダンス・インストアルバムとなっている。ボーナストラックとしてスワン時代のシングルヒットも収録。


Madison and Other Dances ('60)Madison and Other Dances ('60)

The Big M, Part 1 (Madison)
What in The World's Come Over You
Cha Cha Rooney
Ballin' The Jack
Do The Slop
Mashed Potatoes
The Big M, Part 2 (Madison)
Rock and Roll Waltz
Charleston
The Big Hurt
The Stroll
The Bop




Teen Scene ('60)Teen Scene ('60)
Footsteps
I Love The Way You Love
He'll Have to Go
Lady Luck
Vive L'Amour
Midnight Special
Teen Scene
Wake Up Little Susie
Mr. Blue
Pity, Pity
Pretty Blue Eyes
Wild One




Bonus Tracks: The Swan Years
Click-Clack ('58 POP#28)
Did You Cry
Nee Nee Na Na Na Na Nu Nu ('58 POP#40)
Flip Top Box ('58 POP#46)
Leave Me Alone (Let Me Cry) ('58 POP#44)
Wild Party
Teardrops Will Fall ('59 POP#61)
Come with Us
Wabash Cannonball




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。