2019年10月10日

Hey! Baby: The Early Years 1959-1962 - Bruce Channel (Jasmine)



1962年に「Hey! Baby」の全米ナンバー1ヒットを放ったブルース・チャネルの初期録音集(1959年〜1962年)。デビュー当初の典型的なティーン・ポップからブルースハープをフィーチャーした「Hey! Baby」のヒットをきっかけに、ブルージーな作風へとリリース毎に移行していく様子が覗える。

なお「〜Baby」でハーモニカを担当していたデルバート・マクリントン(後年自らもTOP40ヒットを放つ)はチャネルが62年に行った英国ツアーにも同行、かの地で出会ったジョン・レノンにハーモニカ奏法を伝授し、それが初期ビートルズ・サウンドの特徴の一つとなったことはよく知られているが、このCDにはその渡英時に録音されたマクリントンのソロ作と、チャネルとのデュオ“トゥ・スミス・ブラザーズ”名義の作品が貴重なボーナスとして追加されている。


Run Romance Run
Don't Leave Me
Will I Ever Love Again
Slow Down Baby
Boy! This Stuff Kills Me
Now or Never
Hey! Baby ('62 POP#1)
Dream Girl
Breakin' Up Is Hard to Do
Baby It's You
Chantilly Lace
Ain't Got No Home
Sorry Baby
Dream Baby
Since I Met You Baby
Love Me
If Only I Had Known
Baby You've Got What It Takes
Number One Man ('62 POP#52)
Come On Baby ('62 POP#98)
Mine Exclusively
Somewhere in This Town ('62 POP#117)
Stand Tough
Oh! Baby
Let's Hurt Together
No Other Baby
Night People



Bonus Tracks:
Hully Gully - Delbert McClinton
Let Your Mind Roll On - The Two Smith Brothers
Cherry Wine - The Two Smith Brothers


posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。