2019年09月28日

Spoofing The Big Ones! - Ben Colder as played by Sheb Wooley (Jasmine)



1958年に「The Purple People Eater(ロックを踊る宇宙人)」で全米ナンバー1を記録したシェブ・ウーリーは、基本的にこの曲のみの一発屋として音楽ファンには記憶されているが、実はカントリーの世界でもう一つの顔を持ち、そこでも大きな成功を収めている。彼が得意としたのは、その時のカントリーヒットをパロディした「No.2もの」で、音楽業界の仲間たちからのクレームを恐れてか“ベン・コルダー”の変名でリリースした「Don't Go Near The Eskimos(オリジナルは“Indians”)」がヒットを記録したことをきっかけにパロディ・ソングを量産。1962年にリリースしたアルバムがこの『Spoofing The Big Ones!』。本CDはこのアルバムにパロディの餌食となったオリジナル・バージョンをカップリングしたデラックス・エディションで、更に加えて同時期のシェブ・ウーリー/ベン・コルダー名義の録音も追加(カントリーナンバー1を獲得した「That's My Pa」が収録されていないのは残念)。シェブ・ウーリーの多才な活躍ぶりを楽しめる。


Spoofing The Big Ones! - Ben Colder ('62)

Hello Wall #2 ('63 C&W#30/POP#131)
Devil Woman #2
Don't Take Your Cash to Town, John
Little Bitty Steer
Walking The Floor Over You #2
Don't Worry 'Bout Me #2
Shudders and Screams
I Walk The Line #2
Release Me #2
Don't Go Near The Eskimos ('62 C&W#18/POP#62)
Ballad of A Mean Ole Queen
The Real Me




Original Versions
Hello Walls - Faron Young ('61 C&W#1/POP#12)
Devil Woman - Marty Robbins ('62 C&W#1/POP#16)
Don't Take Your Guns to Town - Johnny Cash ('59 C&W#1/POP#32)
A Little Bitty Tear - Burl Ives ('62 C&W#2/POP#9)
Walking The Floor Over You - Pat Boone ('60 POP#44)
Don't Worry - Marty Robbins ('62 C&W#1/POP#3)
Shutters and Boards - Jerry Wallace ('62 POP#24)
I Walk The Line - Johnny Cash ('56 C&W#1/POP#17)
Release Me - Little Esther Phillips ('62 POP#8)
Don't Go Near The Indians - Rex Allen ('62 C&W#4/POP#17)
Ballad of A Teenage Queen - Johnny Cash ('58 C&W#1/POP#14)
Oh Lonesome Me - Don Gibson ('58 C&W#1/POP#7)




Bonus Tracks
Louisiana Trapper - Ben Colder
Monkey Jive - Sheb Wooley
The Chase - Sheb Wooley
Pygmy Love - Sheb Wooley
Luke The Spook - Sheb Wooley
Skin Tight, Pin Striped, Purple Pedal Pushers - Sheb Wooley




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。