2019年09月22日

Anthology: Singer, Songwriter, Soldier - Arthur Fields (Archeophone)



こちらは1910年代に人気を博したシンガー、アーサー・フィールズのアンソロジー。彼は非常に器用、というかオファーがあれば何でもこなすタイプのシンガーだったようで、収録曲にはCMソングもあれば、選挙キャンペーンの曲や第一次世界大戦の戦意高揚歌、はたまた兵士が「一生このままベッドの中で過ごせたら・・・」とぼやく“非国民ソング(笑)”まで。さらにその後活躍の場をトーキー映画の吹き替えや黎明期のラジオ、レコードが生まれる以前の時代の流行り歌を記録として残すためのレコーディングまで広げた“何でも屋”な彼の活動を丁寧に紹介している。


Along Came Ruth ('14 POP#9)
Stay Down Here Where You Belong
Poor Pauline ('15 POP#9)
San Francisco (At That San-Fran-Pan American Fair)
The Little Ford Rambled Right Along
Everybody Loves A “Jazz” Band
Darktown Strutters' Ball - Arthur Fields and Ford Dabney's Band
It's A Long Way to Berlin, But We'll Get There!
Over There
Oh! How I Hate to Get Up in The Morning ('18 POP#1)
When I Get Back to My American Blighty
Pershing for President
Ja-Da (Ja Da, Ja Da, Jing Jing Jing!) ('19 POP#4)
How 'Ya Gonna Keep 'Em Down On The Farm? (After They've Seen Paree) ('19 POP#7)
The Dardanella Blues - The Three Kaufields
Hail Chicago! - Arthur Fields and The Criterion Quartette
Moxie
Carolina in The Morning - Arthur Fields and Ben Selvin's Orchestra
Bryan Believed in Heaven (That's Why He's in Heaven Tonight)
My Dream of The Baseball Park
I Can't Sleep in The Movies Anymore - Arthur Fields & His Assassinators
Calamity Jane - Arthur Fields and Adelyne Hood
Eleven More Months and Ten More Days (Part 1) - Colt Brothers and Rex Cole Mountaineers
There's A Blue Sky 'Way Out Yonder
Der Fuehrer's Face
Medley: It's A Long Way to Berlin, But We'll Get There! / I'll See You in My Dreams / Carolina in The Morning [Personal Recording]




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。