2019年09月04日

Horn Rock & Funky Guitar Grooves 1968-1974 (BGP)



こちらは1960年代後半から70年代前半にかけて新しいロックの形として様々なグループがシーンに登場した“ホーンロック(日本ではブラスロック?)”のコンピレーション。その世界で最も成功を収めたシカゴは何故か選曲されていないが、それ以外の同ジャンルの主要どころや、これまであまり名前を知られることのなかったグループまで幅広くセレクトされている。エース・レコード傘下のダンス系レーベル、BGPの選曲なのでクラブユースも念頭にあっての内容と思われるが、自分なりのR&Bやブルースの表現としてのホーンの導入だったり、ロックの新しい可能性を求めての実験的内容だったりと、ひとくくりに“ホーンロック”といっても様々な意図で制作されていたことがわかる内容。続編にも是非期待。


Buddy's Advice - Paul Butterfield Blues Band
Toe Hold - Al Kooper
It's Been A Long Time Coming - Delaney & Bonnie
Understanding - Cold Blood
One Fine Morning (LP Version) - Lighthouse
Roller Coaster - Blood, Sweat & Tears
Clever Girl - Tower Of Power
Blow Your Mind - Donnie Brooks
Run Back to Mama - Chase
Tuane - Hammer
Somebody Oughta Turn Your Head Around - The Crystal Mansion
The Clown (Part1) - The Flock
Gypsy Boy II - Tobias Wood Henderson
Shoes - Black Magic
Make Your Move - The Electric Flag
Boomp, Boomp, Chomp - The Sons
Aunt Marie - American Sound Ltd.




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。