2019年09月01日

Come On Let's Go!: Power Pop Gems from The 70s & 80s (Ace)



こちらは“パワー・ポップ”のコンピレーション。1970〜80年代初頭に多数登場したハード/シャープなギター・サウンドと、ビートルズ風(さらにいえばポール・マッカートニー風)のメロディを持ったバンド、と定義すればいいだろうか。同趣のコンピレーションはこれまで何種類も出ているが、中でもこれは入門編として最適な内容といえる。


Come On Let's Go - The Paley Brothers & Ramones
I Wanna Be with You - Raspberries
What I Like About You - The Romantics
Let Go - Dirty Looks
Looking for The Magic - Dwight Twilley Band
I Need That Record - The Tweeds
Shake Some Action [first version] - The Flamin' Groovies
(My Girl) Mary Anne - The Spongetones
Radio Heart - The Secrets
Kerri - Robert Johnson
The Trains - The Nashville Ramblers
Nuclear Boy - 20/20
Better Than Anyone Else - The Toms
Nothing Comes Close - Bill Lloyd
(Baby) It's You - The Boys
It's Only Dark - Wire Train
Andy, Please [first version] - Van Duren & Jody Stephens
Glitter Best - The Rooks
Teen Line - The Shivvers
September Gurls - Big Star
Not The Way It Seems - Gary Charlson
Tomorrow Night [first version] - Shoes
Rock and Roll Is Dead - The Rubinoos
One World - Utopia




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。