2019年07月22日

Ooh Child: The Columbia Years - Valerie Carter (Cherry Pop)



1970年代半ばにハウディ・ムーンのメンバーとしてレコードデビューし、その後セッション・シンガーとしても活躍したヴァレリー・カーターが、コロンビアからリリースした2枚のソロアルバムをカップリング。ボーナスとしてエディ・マネーとデュエットしHOT100入りを果たした「Let's Be Lovers Again」を収録。


Just A Stone's Throw Away ('77)Just A Stone's Throw Away ('77 US#182)

Ooh Child ('77 POP#103)
Ringing Doorbells in The Rain
Heartache
Face of Appalachia
So, So, Happy
A Stone's Throw Away
Cowboy Angel
City Lights
Back to Blue Some More




Wild ChildWild Child ('78)
Crazy
Da Doo Rendezvous
What's Become of Us
Taking The Long Way Home
Lady in The Dark
The Story of Love
The Blue Side
Change in Luck
Trying to Get to You
Wild Child




Bonus Track:
Let's Be Lovers Again (Duet with Eddie Money) ('80 POP#65)


posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。