2019年07月13日

Anacostia (Tabu/Solid/UltraVybe)



1970年に「5-10-15-20 (25-30 Years of Love)」のヒットを放ったR&Bグループ、プレジデンツが「アナコスティア」と改名し78年に設立間もないタブー・レコードからリリースしたアルバム。アレンジを彼らのデビュー当初より縁のあるヴァン・マッコイが手掛けており、70年代後半のこの時期、しかもタブー・レコードからのリリースにもかかわらずディスコ色は控えめで、一線級のスイート・ソウルアルバムになっている。


Ain't Nothing to It
Take It or Leave It
Baby Don't Ever Leave Me
Anything for You
Another City Morning
You've Got Love On Your Side
Your Unchainging Love
I Don't Need
Someone Else's Eyes
All for You



Bonus Tracks:
Ain't Nothing to It (12" Version)
Anything for You (12" Version)


posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。