2019年06月19日

A Spoonful of Jazz - Bud Shank (Oldays)

A Spoonful of Jazz - Bud Shank

60年代にビートルズをはじめとする数多くのポップ/ロック作品をジャズ化したサックス奏者、バド・シャンクがラヴィン・スプーンフル作品に取り組んだアルバム(67年作)。参加メンバーの多くは通称“レッキング・クルー”の面々で、例のキラキラしたサウンドでスプーンフル作品がインスト化されている。内容はイージーリスニングの域を出ないが、スプーンフル・ファンであれば持っておきたい一枚。


Summer in The City
Did You Ever Have to Make Up Your Mind?
(You And Me And) Rain On The Roof
Amy's Theme
Cocoanut Grove
Lovin' You
Darling Be Home Soon
Six O'Clock
Younger Girl
Didn't Wanna Have to Do It
Daydream
Do You Believe in Magic


posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。