2019年06月16日

Ruby Baby/Donna The Prima Donna - Dion DiMucci (Ace)



ディオンのほぼ全キャリアをカバーする勢いで作品のリイシューを続けるエース・レコードから届いた最新盤は、彼がメジャーのコロンビアに移籍した1963年にリリースしたアルバム2作のカップリング(『Donna 〜』は多分初CD化)。ローリー時代に引き続きポップなヒット曲も多く収録されているが、当時ディランに心酔しギターを持って歌い始めたディオンと、高額な契約金でティーン・アイドルを引き抜いたコロンビアの思惑の違いがはっきりと表れた作品集となっており、どんどんブルージーになっていくR&Bのカバーと、甘ったるいバラードが混在した内容。次にエースから出されるディオンのCDは、コロンビアの残りの音源をコンプリートに集めたコンピレーションになることを今から祈りたい。


Ruby Baby ('63)Ruby Baby ('63 US#20)

Ruby Baby ('63 POP#2)
The End of The World
Go Away Little Girl
Gonna Make It Alone
Fever
My Mammy
Will Love Ever Come My Way
The Loneliest Man in The World
You Made Me Love You (I Didn't Want to Do It)
He'll Only Hurt You
You're Nobody 'Til Somebody Loves You
Unloved, Unwanted Me




Donna The Prima Donna ('63)Donna The Prima Donna ('63)
Donna The Prima Donna ('63 POP#6)
Can't We Be Sweethearts
Sweet, Sweet Baby
This Little Girl of Mine
Flim Flam
Troubled Mind
This Little Girl ('63 POP#21)
Oh Happy Days
You're Mine
Donna
I Can't Believe (That You Don't Love Me Anymore)
Be Careful of Stones That You Throw ('63 POP#31)




posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。