2019年05月31日

The Nashville "A" Team Collection: Trambone - Chet Atkins (Jasmine)



1950〜60年代にかけてナッシュビルのカントリー・ミュージックを支えたスタジオミュージシャン集団、通称「Aチーム」にスポットを当てたコンピレーション・シリーズ、フロイド・クレーマーに続いての登場は大黒柱チェット・アトキンス。2枚組の1枚目は彼名義の作品を集めたもので、こちらはこれまで数百種類もリリースされている彼の編集盤と大差ない内容だが、重要なのは2枚目の方。カントリーの歴史で最も重要なプロデューサーかつギタリストの一人である彼が手掛けた作品が30曲以上収録されており、近代カントリーの夜明けといえるハンク・ウィリアムスのセッションからエルヴィス・プレスリーの登場、60年代に入って“ナッシュビル・サウンド”がポップチャートを席巻するまでの、カントリー・ミュージックそのものの歩みといっていい重要作が多数収録されている。この「Aチーム」シリーズ、ここから先がより興味深い内容になるはずなので、是非とも続編を期待したいところ。


The Chet Atkins Story 1946-62
Guitar Blues (Pickin' The Blues)
I've Been Working On The Guitar
Hybrid Corn
Theme from 'The Third Man'
Memphis Blues
Country Gentleman
City Slicker
Wildwood Flower
Red Wing
San Antonio Rose
Mr Sandman ('55 C&W#13)
Silver Bell (with Hank Snow) ('55 C&W#15)
Ochi Chornya
The Poor People of Paris (Jean's Song) ('56 POP#52)
New Spanish Two-Step (with Hank Snow)
Trambone
Malaguena
Tiger Rag
Czardas
Armen's Theme
Boo Boo Stickbeat ('59 POP#49)
I Know That You Know
Teensville ('60 POP#73)
One Mint Julep ('60 POP#82)
Night Train
Slinkey
The Streets of Laredo
Theme from 'The Dark at The Top of The Stairs'
Hot Mocking Bird
Goin' Home
Man of Mystery
Salty Dog Rag
Yellow Bird
Drown in My Own Tears





Sessions & Productions 1950-62
Cold Cold Heart - Hank Williams ('51 C&W#1)
No Help Wanted - The Carlisles ('53 C&W#1)
There Stands The Glass - Webb Pierce ('53 C&W#1)
Hep Cat Baby - Eddy Arnold ('54 C&W#7)
Thou Shalt Not Steal - Kitty Wells ('54 C&W#14)
When I Stop Dreaming - The Louvin Brothers ('55 C&W#8)
Burn That Candle - Charline Arthur
Money Honey - Elvis Presley ('56 POP#76)
He's A Real Gone Guy - Anita Carter
Tuggin' On My Heart Strings - Dave Rich
I Heard The Bluebirds Sing - The Browns ('57 C&W#4)
I Like Your Kind of Love - Melvin Endsley
Two Long Years - Janis Martin
Four Walls - Jim Reeves ('57 C&W#1/POP#11)
Oo-Ba La Baby - Jean Chapel
Blue, Blue Day - Don Gibson ('58 C&W#1/POP#20)
(He Said Yeah) Baby You're The One - Nita, Rita & Ruby
Wake Up Little Susie - The Everly Brothers ('57 C&W#1/POP#1)
Say Yeah - Sammy Salvo
It's A Little More Like Heaven - Hank Locklin ('58 C&W#3)
Mary Nell - Autry Inman
Lonely Island Pearl - Johnnie & Jack ('58 C&W#18)
Almost Eighteen - Roy Orbison
Edge of Town - Jack Clement
Out of Gas - Floyd Robinson
On The Rebound - Floyd Cramer ('61 POP#4)
Apache - Sonny James ('61 POP#87)
Language of Love - John D. Loudermilk ('61 POP#32)
Funny How Time Slips Away - Jimmy Elledge ('61 POP#22)
If You Don't Know, I Ain't Gonna Tell You - George Hamilton IV ('62 C&W#6)
End of The World - Skeeter Davis ('62 C&W#2/POP#2)
Trouble On The Turnpike - Roger Miller
I've Enjoyed as Much of This as I Can Stand - Porter Wagoner ('62 C&W#7)
I'd Fight The World - Bobby Bare






posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。