2019年05月16日

The Route to The Root: Chicago Blues 1941-1960 (Oldays)



オールデイズ・レコードのワンコインR&Bコンピレーション第2弾のテーマは“シカゴ・ブルース”。シカゴ・ブルースと聞いてすぐに思い浮かべる「ギター抱えて一節唸る」タイプの有名曲からピアノブルース、女性アーティストまでスタイルにバラエティを持たせながら、シカゴ録音の楽曲収録にとことんこだわるマニアックぶり。「ロックが好きだったらブルースくらい聴いておかなきゃ。」と口煩いロックおやじに説教される前に入手しておきたい一枚。


Me and My Chauffeur Blues - Memphis Minnie
Chicago Boogie - Five Blazers
My Baby, My Baby - Sunnyland Slim
I Can't Be Satisfied - Muddy Waters
Rollin' and Tumblin' Part 1 - Baby Face Leroy Trio
That's All Right - Jimmy Rogers
Crying Won't Help You - Robert Nighthawk
How Many More Years - Howlin' Wolf
Five Long Years - Eddie Boyd
I Don't Know - Willie Mabon
Juke - Little Walter
Hoochie Coochie Man - Muddy Waters
Mamma Talk to Your Daughter - J.B. Lenoir
Don't Start Me to Talkin - Sonny Boy Williamson
I Can't Quit You Baby - Otis Rush
Ain't That Lovin' You Baby - Jimmy Reed
Cry for Me Baby - Elmore James
All Your Love - Magic Sam
Messin' with The Kid - Junior Wells
First Time I Met The Blues - Buddy Guy




posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。