2019年05月13日

Three Day Week: When The Lights Went Out 1972-1975 (Ace)



1973年、イギリスでは中東のオイルショックに加え、国内炭鉱労働者の度重なるストライキによる燃料不足のため、産業向けの電気の供給を一周間のうち3日に限定するという“Three Day Week”政策を約3ヶ月にわたり実施。イギリス経済の停滞を招いたこの時期の雰囲気を伝えるコンピレーション、という日本人にはちょっと理解が難しいCDがこちら。収録曲は特に政治的なメッセージが強いものではなく、グラムロック全盛期のハードなギターサウンドと、初期のチープなシンセサイザーの音色が耳に残る楽曲が多い。これから数年後に起こるパンクロック爆発の序奏となる作品集、と捉えればよいか。


Part of The Union - The Brothers
Ordinary Boy - Small Wonder
The Hertfordshire Rock - Ricky Wilde
When Work Is Over - The Kinks
Sailing - The Sutherland Bros Band
In Your Life - Adam Faith
Londonderry - Phil Cordell
Cut Loose - Stud Leather
I'm on Fire - The Troggs
Kill - Mike McGear
And The Fun Goes On - Lieutenant Pigeon
Open Up - Mungo Jerry
Rod - Matchbox
Urban Guerilla - Hawkwind
Home Fit for Heroes - Edgar Broughton Band
Breathless - Bombadil
Why Am I Waiting - Robin Goodfellow
What Ruthy Said - Cockney Rebel
Clocks - Paul Brett
Mole on The Dole - Climax Chicago
I Feel So Down - Barracuda
Northern Soul Dancer - Wigan's Ovation
Don't Ride a Paula Pillion - Stavely Makepeace
War Against War - Pheon Bear
Roly Pin - Roly
Stardust - David Essex




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。