2019年05月01日

The First Edition (Oldays)

The First Edition

カントリー・ミュージック史上有数のヒットメーカーであるケニー・ロジャースの、50有余年のキャリアのスタートとなったグループ、ファースト・エディションのデビューアルバム(67年作)。時代の空気を色濃く反映した「Just Dropped In」をはじめナッシュビル産のポップ・サイケサウンドを創り出したのは、同時期にメイソン・ウィリアムスの「Classical Gas」を手掛けグラミー賞を獲得しているプロデューサーのマイク・ポスト。ロジャースの後年の作風からは大きな隔たりがあるが、これも時代の産物か。


I Found A Reason
Just Dropped In (To See What Condition My Condition Was In) ('68 POP#5)
Shadow in The Corner of Your Mind
If Wishes Were Horses
Ticket to Nowhere
I Get A Funny Feeling
I Was The Loser
Dream On
Home Made Lies
Marcia 2 A.M.
Hurry Up, Love
Church Without A Name



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。