2019年04月16日

Beatle Mania (Oldays)



1964年にアメリカに上陸したビートルズ旋風は、かの地の音楽業界を震撼させる勢いでシーンを席巻。レコード各社は各々“即席ビートルズ”のレコードを制作し、過熱気味な音楽ファンのニーズに応えようとした。。

このボックスに収録されている自称英国アーティストたち(正体はアメリカ人)によるアルバム3作は、いずれもアメリカの廉価盤レーベルがビートルズ人気にあやかろうと急造したカバーとオリジナル混じりあった作品群。マージービートを名乗るにはかなり未消化な内容の珍品だが、演奏するバンドは大まじめで、ここで登場するバグス(昆虫!)には70年代に成功を収めるゲイリー・ライトが参加、マンチェスターズは同年に「She's The One」のTOP40ヒットを放ったガレージバンド、チャートバスターズの変名。時代の混乱ぶりを今に伝えるこんなマニアックなボックスが、日本で企画され発売されたのが嬉しい。


The Beetle Beat - The Buggs ('64)The Beetle Beat - The Buggs ('64)

I Want to Hold Your Hand
Mersey Mercy
Soho Mash
East Mash
London Town Swing
She Loves You
Liverpool Drag
Swingin' Thames
Big Ben Hop
Teddy 'Boy Stomp




Beatle Mania - The Schoolboys ('64)Beatle Mania - The Schoolboys ('64)
I Want to Hold Your Hand
Loneliness
Twist and Shout
You Don't Even Care
Now You're Gone
Birdland
I Couldn't Take It
Since My Lover Said Goodbye
Did You Tell Him
She Knows
Take A Chance



Bonus Tracks:
She Loves You
Why Don't You Set Me Free



Beatlerama - The Manchesters ('64)Beatlerama - The Manchesters ('64)
I Want to Hold Your Hand
She Loves You
Wearying, Worrying Blues
I Waited
My Bonnie Lies Over The Ocean
Blue Waves
Shortening Bread
Little Miss Margie (Actually "Please Please Me")
The Beatles Move
Oh, What A Sorry Day



Bonus Tracks by The Chartbusters:
She's The One ('64 POP#33)
Why ('64 POP#92)



posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。