2019年03月25日

The Supremes produced and arranged by Jimmy Webb (Motown/USM Japan)



モータウン設立60周年を記念して数十枚のCDが1,000円でリリースされた中で、比較的珍しいものをセレクト。ダイアナ・ロス独立後のシュープリームスが1972年にリリースした本作は、収録曲の約半数をジミー・ウェッブが手掛けたコンセプト・アルバム風の作品。アルバムを通しての印象は非常に地味で、60年代後半にロータリー・コネクションあたりが志した“プログレッシブ・ソウル”路線を彷彿させる。ジミー・ウェッブファンには大変興味深い作品だと思うが、シュープリームスの他の作品の雰囲気を期待して入手すると、かなりの違和感を覚える内容となっている。


I Guess I'll Miss The Man ('72 POP#85)
5:30 Plane
Tossin and Turnin
When Can Brown Begin?
Beyond Myself
La Voce Del Silenzio (Silent Voices)
All I Want
Once in The Morning
I Keep It Hid
Paradise
Cheap Lovin'



posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。