2019年03月04日

Ain't I'm A Dog!: Singles As & Bs 1956-1962 plus - Ronnie Self (Jasmine)



ビルボードチャートにランクインを果たしたもっとも凶暴なロカビリー「Bop-A-Lena」を1958年にヒットさせたロニー・セルフのシングル集。ミズーリ州出身の彼は10代でABCパラマウント、次いでコロンビア・レコードと契約し前述の「Bop-A-Lena」をスマッシュヒットに。しかしヒットが続かず同社と契約終了後、今度はデッカに移籍。アーティストとしての彼は一発屋に終わったが、移籍先のデッカではブレンダ・リーのスタッフライターとして数々のヒットを生み出すこととなり、本CDにはナンバー1ヒット「I'm Sorry」をはじめブレンダとロニーのコンビが送り込んだ5曲のチャートヒットがボーナストラックとして追加されている。


Pretty Bad Blues
Three Hearts Later
Big Fool
Flame of Love
Ain't I'm A Dog
Rocky Road Blues
Bop-A-Lena ('58 POP#63)
I Ain't Goin' Nowhere
Big Blon' Baby
Date Bait
Petrified
You're So Right for Me
This Must Be The Place
Big Town
So High
I've Been There
Some Things You Just Can't Change
Instant Man
Oh Me, Oh My
Past, Present and Future
Black Night Blues
Too Many Lovers
Do It Now




Bonus Tracks by Brenda Lee
I'm Sorry ('60 POP#1)
Sweet Nothin's ('59 POP#4)
Everybody Loves Me But You ('62 POP#6)
Anybody But Me ('61 POP#31)
Eventually ('61 POP#56)




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。