2019年02月13日

House of Leather - The Blackwood Apology (Fontana/Big Pink Music)



1964年に「Run Run Run」のヒットを放ったジェスチャーズ、「Liar, Liar」のキャスタウェイズなど、アメリカ黎明期のガレージロックシーンで活躍したミネソタ州ベースの様々なバンドのメンバーが集結したプロジェクト、ブラックウッド・アポロジーの1969年作。時代の雰囲気を反映したダウナー系のナンバーやサウンド・コラージュなど、当時のトレンド最先端に挑んだ試行錯誤の様子が残されている。


Medley: Swanee River Overture / House of Leather Theme
Do You Recall The House of Leather?
Recess with Mrs. Grim
Graduates of Mrs. Grim’s Learning
There Is Love in The Country (On The Donny Brooks Farm)
Here I Am
She Lives with Me
There's Love in The Country (On The Donny Brooks Farm) – Reprise
Time Marches On
Dixie and The War
Death and Reality
Sarah's On Her Knees
Theme from House of Leather (Epilogue in Suede)



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。