2019年02月01日

Ruby Wilson (Malaco/Solid)



メンフィスの繁華街「ビール・ストリート」の女王と称されたシンガー、ルビー・ウィルソンが1981年にリリースしたファーストアルバム。冒頭3曲が当時の今どき感(その時どき感!?)溢れるダンスナンバーで不安にさせられるが、中盤以降は彼女の本領発揮のミドル〜スローナンバーが並ぶ。シングルとしてもリリースされたマイケル・ジョンソンのカバー「Bluer Than Blue」はかなり秀逸。


I Thought I Would Never Find Love
The Feelin's Still There
I've Got News for You
Bluer Than Blue
Seeing You Again
Why Not Give Me a Chance
Make It with You
Love Has Come



posted by yakame at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。