2019年02月04日

Hold On - Tommy Tate (Malaco/Solid)



1970年代初頭にいくつかのヒットを放ったフロリダ出身のR&Bシンガー、トミー・テイトの、1979年当時日本のみでリリースされたという(!)アルバム。ジェイムズ・カーで知られるアルバムタイトル曲(テイトの作曲)のセルフカバーをはじめ、この時期のマラコの作品の中でも飛びぬけて本格的なサザンソウルが楽しめる。


Friend of Mine
My Wife
Little Boy
Get It Over Anyway
I've Been Inspired to Love You
All A Part of Growing Up
I'd Really Like to Know
I Can't Do Enough for You Baby
A Thousand Things to Say
Hold On (To What We've Get)
Something to Believe In
Do You Think There's A Chance



posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。