2018年12月19日

Soul of A Nation: Jazz Is The Teacher Funk Is The Preacher (Soul Jazz)



ソウルジャズ・レコード編集による1970年代初頭に生まれた新しい視点のジャズ/ファンクを集めたコンピレーション。アメリカ社会の人権意識の高まりに伴いR&Bに多様な思想性や音楽性が持ち込まれた音楽を“ニューソウル”と呼ぶとすれば、こちらはさしずめ“ニュージャズ”。メッセージ性ばかりでなく独特なグルーヴ/空気感で、その後のクラブミュージック・シーンに多大な影響を与えた作品が多く収録されている。


Theme De Yoyo - Art Ensemble of Chicago
Welcome to The Party - Har-You Percussion Group
Damballa - The Pharaohs
Hard Times - Baby Huey
Sweet Power Your Embrace - James Mason
Kitty Bey - Byron Morris & Unity
Nappy Dugout - Funkadelic
Exchange Part 2 (II) - Rashid Ali & Frank Lowe
Celestial Blues - Gary Bartz NTU Troop
Space Jungle Funk - Oneness of Juju
Work It Out - Sarah Webster Fabio
Beneficient - Tribe (Wendell Harrison & Philip Ranelin)
Whitey On The Moon - Gil Scott-Heron
Brown Rice - Don Cherry




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。