2018年11月22日

True Love Ways - Buddy Holly with The Royal Philharmonic Orchestra (Decca)



イギリスのロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団は近年ロック系アーティストとの共演にご執心の様子。“ロック系”といってもその多くは鬼籍に入ったアーティストで、エルヴィスに始まり、ビーチ・ボーイズ、カーペンターズ・・・といった塩梅(まだ生きている人もいるが)。

今回届いたのはバディ・ホリーが生前遺した歌声に同楽団がストリングスをかぶせたもので、プロデューサーとしてクレジットされているのは彼の未亡人であるマリア・エレナ・ホリー(まだご存命とはっ!)。1959年の2月に飛行機事故で亡くなる直前のホリーは、それまでのロックンローラー的イメージからより幅広い音楽性を打ち出すことを模索した時期にあったようで、ストリングスをバックに歌うバラードも多く録音しており、そういった作品にオーバーダビングを行った録音には違和感はなく、ホリーのボーカルもリマスターされたクリアな音質で聴けるのでそれなりに楽しめるのだが、「Oh Boy」や「Rave On」といったアップテンポのナンバーは、こんなものにストリングを足して何の意味があるの??といった感じ。選曲をバラード系の作品に絞り、一枚のアルバムにまとめられたら彼のジェントルな側面に焦点を当てたユニークな企画盤になったかもしれないのに・・・と、少々残念でならない。



True Love Ways
It Doesn't Matter Anymore
Everyday
Heartbeat
Raining In My Heart
Oh Boy
Rave On
Words Of Love
That'll Be The Day
Peggy Sue
Moondreams
Maybe Baby



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。