2018年11月10日

WishYouAWish: The Hollies' Compositions by Others, 1965-1968 (Teensville)



60年代イギリスを代表するグループの一つ、ホリーズのヒット曲といえば「Bus Stop」をはじめ外部のソングライターによる作品が真っ先に思い浮かぶが、グループの中心メンバーであるアラン・クラーク、グラハム・ナッシュ、トニー・ヒックスの3人が「L.ランスフォード」のユニット名で作曲したオリジナルナンバーにも質の高い作品は多く、熱心なファンを生み続ける要因となっている。

ランスフォード作品の評価は当時の音楽業界でも非常に高かったようで、エヴァリー・ブラザーズがロンドンに乗り込んで66年に制作したアルバム『Two Yanks in England』収録曲の大半が彼らの作品で占められたことを筆頭に、数多くのアーティストがこぞってカバー作品を残している。『WishYouAWish』はホリーズ以外のアーティストが録音したランスフォード作品を30曲も集めた力作コンピレーションで、60年代の“ブリットポップ”最良の部分といってもいい内容となっている。


WishYouAWish - Cathy Rich
Peculiar Situation - The Young Idea
Games We Play - Teenmakers
Go Away - Mirage
Fifi The Flea - The Sidekicks
You'll Be Mine - The 4 Strangers
Like Every Time Before - The Everly Brothers
What's Wrong with The Way I Live - The Twilights
Would You Believe - Nicky James
Have You Ever Loved Somebody - The Seachers
Pay You Back with Interest - Dana Gillespie
Baby That's All - The Berries
Hard, Hard, Year - Wildlife
Tell Me to My Face - Keith
Little Lover - Matadorerne
Too Many People - Ronnie Burns
You Need Love - The Up-Sets
I've Been Wrong - The Buckinghams
Coming from The Ground - The Lee Kings
Put Yourself in My Place - Episode Six
Charlie and Fred - Bat McGrath and D. Harvey Potter
You Know He Did - Mary McCarthy
I've Got A Way of My Own - The Electric Prunes
I Can't Get Nowhere with You - Kris Jensen
Signs That Will Never Change - The Everly Brothers
Step Inside - The Strangers
High Classed - Bobby Davis
So Lonely - What...For!
Lullaby to Tim - Teenmakers
Pare, Pare, Pare (Stop, Stop, Stop - Brazilian) - Deny & Dino




posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。