2018年10月25日

The Complete ABC/Dunhill Singles - The Four Tops (Geffen/Universal Music/Real Gone Music)



モータウン・レコードは1970年代初頭に本社をデトロイトからロサンゼルスに移し、それをきっかけに60年代同社の黄金期を支えたアーティストが何組も他社へ移籍することとなった。今回はその中の一つフォー・トップスがABC/Dunhillに移籍して以降にリリースしたシングル音源を集めたコンピレーション。

60年代の輝かしいヒット曲の数々と比較し、フォー・トップスの70年代はほとんど振り返られることがない気がする。しかし、収録曲のチャートアクションを見ていただければわかる通り、モータウン独立後も彼らは(全盛期と比較すれば見劣りするかもしれないが)コンスタントにヒットを飛ばしており、同社から独立したアーティストの中ではグラディス・ナイトに次ぐ成功を収めたともいえる(もちろんマイケル・ジャクソンという例外中の例外を除いての話だが・・)。

彼らの移籍先ABC/Dunhillはそれまでグラス・ルーツやスリー・ドッグ・ナイトなどポップ系のレコードをメインに制作しており、同社にはR&B部門のスタッフすらいないという危うい状態だったようだが、この“ダンヒル・サウンド”とフォー・トップスの意外な親和性が好評を呼んで彼らは延命に成功、モータウン残留組と互角にヒットチャートを争っていくこととなった。70年代前半の“ニューソウル”風から後年のディスコ・サウンドまで時流に乗ったサウンドと、彼らのブレのないハーモニーで70年代の荒波を乗り越えていく姿がここには残されている。



Keeper of The Castle ('72 R&B#7/POP#10)
Jubilee with Soul
Ain't No Woman (Like The One I've Got) ('73 R&B#2/POP#4)
The Good Lord Knows
Are You Man Enough ('73 R&B#2/POP#15)
Peace of Mind
Sweet Understanding Love ('73 R&B#10/POP#33)
Main Street People
I Just Can't Get You Out of My Mind ('74 R&B#18/POP#62)
Am I My Brother's Keeper
One Chain Don't Make No Prison ('74 R&B#3/POP#41)
Turn On The Light of Your Love
Midnight Flower ('74 R&B#5/POP#55)
All My Love
Seven Lonely Nights ('75 R&B#13/POP#71)
I Can't Hold On Much Longer




We All Gotta Stick Together ('75 R&B#17/POP#97)
(It Would Almost) Drive Me Out of My Mind
Mama You're All Right with Me ('76 R&B#72/POP#107)
I'm Glad You Walked Into My Life (Dedicated to Stevie) ('76 R&B#76)
Catfish ('76 R&B#7/POP#71)
Look At My Baby
Feel Free ('77 R&B#29)
I Know You Like It
Strung Out for Your Love
You Can't Hold Back On Love
The Show Must Go On ('77 R&B#84)
Runnin' from Your Love
H.E.L.P. ('78 R&B#38)
Inside A Brokenhearted Man
Just in Time
This House
Guardian De Tu Castillo (Keeper of The Castle - Spanish)




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。