2018年10月13日

Mod Jazz Rides Again (Kent Dance)



エイス・レコード傘下のレーベル、ケントからリリースされている「Mod Jazz」シリーズは、20年以上続く長寿企画。おそらく第10弾となる本作でもジャズ系のミュージシャンからR&B、ブルース系まで幅広く、知られざるソウル・ジャズの佳曲の発掘が続けられている。


Poppa Nickel - The Tempo Rhythms
Hey, Mrs. Jones - Jimmy Witherspoon
The Bold - Russell Evans & The Nite Hawks
Shank & Grits - Ray Shanklin
Hot Tamale Man - Harold Betters
Sherry's Party - Ray Johnson
I Know A Place - Sammy Davis Jr. & Buddy Rich
Sha-Bazz [Part 1 & 2] - The Rhoda Scott Trio
Fat Man - Montego Joe
Pluckin' - Jimmy Mayes & The Soul Breed
I'm A Dues Payin' Man - Otis Spann
Do The Thing - Gate Wesley
East 24th Ave. - Billy Graham & The Escalators
Come On Back, Jack - Nina Simone
Sticks An' Stones - Johnny 'Hammond' Smith
Hi-Heel Sneakers - Jackie Ivory
Shake It Baby - T-Bone Walker
Spoonful - The Playboy Five
Empire City - Gene Walker & The Combo
I've Got My Walkin' Papers - The Clarence Daniels Orchestra [Featuring Obie Jessie]
Pushin' The Button Of Soul - Hank Jacobs
Timber [Part 2] - Candy Phillips
Out House - Eddie Bridges & The Lowriders
What Is Love? - The Bobby Jenkins Quartet




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。