2018年09月28日

The Golden Years of Dutch Pop Music: A&B Sides 1965-1974 - The Cats (Universal Music)



1970年に日本で「I Walk Through The Fields(ひとりぼっちの野原)」をヒットさせたオランダのロックバンド、ザ・キャツ。ほとんどの日本の洋楽ファンが彼らに関して知っていることは、この曲にまつわる諸事項くらいだと思うが(勿論僕もそうだが)、このCDで実は彼らは本国で20曲以上のヒットを持つ大変な人気バンドで、しかも「〜野原」はそのヒットリストには入っていない(シングルB面曲だった)という衝撃の事実を知ることになる・・・。

当初カバー中心のビートバンドとしてデビューし、その後ハーモニー中心の音楽性へ移行。人気を確立した後は王道歌謡ロックバンドの道を歩んでいく彼らの活動の変遷は、イギリスでいえばホリーズあたりと符合する。彼らを“一発屋”とみなしている多くの洋楽ファンに、是非とも聴いてみていただきたいコンピレーション。


Jukebox
Goodbye My Love
Somewhere Over The Rainbow
I'm Ashamed to Tell
Ave Maria No Morro
A Fool Never Learns
What A Crazy Life ('66 ND#14)
Hopeless Try
Vive l'amour ('67 ND#26)
But Tomorrow
Sure He's A Cat ('67 ND#12)
Without Your Love
What's The World Coming To ('67 ND#27)
How Could I Be So Blind
Turn Around and Start Again ('68 ND#14)
Remember The Good Times
Times Were When ('68 ND#2)
I Like The Way
Lea ('68 ND#1)
I Gotta Know What's Going On
Why ('69 ND#1)
Mandy My Dear
Scarlet Ribbons ('69 ND#3)
To-Day
Marian ('69 ND#1)
Somewhere Up There
Magical Mystery Morning ('70 ND#4)




I Walk Through The Fields
Where Have I Been Wrong ('70 ND#1)
The Greatest Thing
Don't Waste Your Time ('71 ND#11)
It's Over Now
One Way Wind ('71 ND#3)
Country Woman
Let's Dance ('72 ND#2)
I've Been in Love Before
Vaya Con Dios ('72 ND#3)
Don't Waste My Time
Take Me with You
There Has Been A Time ('72 ND#3)
How Did You Feel
Let's Go Together ('73 ND#7)
Linda
Maribaja ('73 ND#6)
Time Machine
Rock 'N Roll ('74 ND#3)
Come On Girl
Be My Day ('74 ND#1)
She's On Her Own




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。