2018年09月28日

Every Mothers' Son (Oldays)



1967年に「Come and Take A Ride in My Boat(小舟のデート)」の大ヒットを放ったポップロックバンド、エヴリー・マザーズ・サン唯一のアルバムの復刻盤。ニューヨークのフォークロック・シーンで頭角を現した彼らはプロデューサーのウェス・ファレルに見いだされてレコードデビュー。「小舟〜」が幸先よく大ヒットを記録し、この曲以外をメンバーのオリジナルで固めたアルバム(本作)をMGMからリリース。収録曲のレベルは意外と高く、ソフトロックの範疇に入れても違和感のない雰囲気。

その後残念ながら一発目のヒットに匹敵するシングルを出すことができずにシーンから消えていった彼らだが、前年より大ブームを巻き起こしていたモンキーズと、彼らとほぼ同時期に同じくMGMからデビューし、より大きな成功を収めたカウシルズを結ぶライン上にある非常に親しみやすいポップロックは、今も古めかしくなることなく聴くことができる。



Come and Take A Ride in My Boat ('67 POP#6)
I Won't
For Brandy
Didn't She Lie
What Became of Mary
Ain't It A Drag
Allison Dozer
I Believe in You
Ain't No Use
Sittin' Here (Peter's Tune)
Come On Queenie



Bonus Tracks;
Put Your Mind at Ease ('67 POP#46)
Pony with The Golden Mane ('67 POP#93)



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。