2018年09月25日

Fools, Rebel Rousers & Girls On Death Row: The Lee Hazlewood Story 1955-1962 (Jasmine)



プロデューサー、リー・ヘイズルウッドの初期作品集。オクラホマ州出身の彼が最初に飛ばしたヒットはサンフォード・クラーク1956年の「The Fool」で、そのセッションで起用したギタリスト、アル・ケイシー(その後サーフロックシーンを裏方として支えていく)、続いてR&R史上最初に一枚看板として大成したギタリスト、デュアン・エディとの関りを中心に活躍の場を広げていった。

本コンピレーションは50年代後半から60年代前半にかけて彼が手掛けた作品の中から、比較的珍しい録音を中心に集めたもの。ロカビリーやアーリーR&Bを手始めに、徐々に彼独特の世界を築いていく途中経過を知ることができる。


Five More Miles to Folsom - Lee Hazlewood
It's an Actuality - Lee Hazlewood
I Want Some Lovin' Baby - Jimmy & Duane
The Fool - Sanford Clark ('56 POP#7)
Guess It's Love (demo) - Lee Hazlewood
Fort Worth (demo) - Lee Hazlewood
Buying On Time (demo) - Lee Hazlewood with Al Casey
How About Me? Pretty Baby - Jimmy Johnson with Al Casey & The Arizona Hayriders
I'm Low, Low, Low - Loy Clingman
Guitar Man - Al Casey
Snake Eyed Mama - Don Cole
Moovin' n' Groovin' - Duane Eddy His Twangy Guitar ('58 POP#72)
Pretty Jane - Mark Robinson
Want Me - Mark Robinson
Hey Little Mama - Barker Brothers
Give'n Up - Al Casey & Corkey With The Bats
Rebel Rouser - Duane Eddy His Twangy Guitar ('58 POP#6)
Have Love, Will Travel - The Sharps
Sassy - Frantic Johnny Rogers
It's Nothin' to Me - Buddy Long
Linda Lu - Ray Sharpe ('59 POP#49)
(Your Love) Tears Me Up - Greg Connors
(Why Must I Die) The Girl on Death Row - Duane Eddy & His Orchestra (Vocal: Lee Hazlewood)
Words Mean Nothing - Duane Eddy & His Orchestra (Vocal: Lee Hazlewood)
I'm On My Way - Barbara Dane
Salty - Tony Castle and The Raiders
Stormy (Came to Town) - Donnie Owens
Delia - Lee Hazlewood
Don't Cry (No More) - Lee Hazlewood
I've Made Enough Mistakes - Mark Robinson
Can't Let Her See Me Cry - Mark Robinson
Soul-Mate - Ramona King
Send It - The Hondas
Stranger in Your Town - Shacklefords ('63 POP#70)
Big River - Shacklefords




posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。