2018年09月07日

Gary Paxton Meets The Hollywood Argyles (Jasmine)



ハリウッド・アーガイルズのノヴェルティ・ヒット「Alley-Oop」を1960年に全米ナンバー1に送り込んだR&Rプロデューサー、ゲイリー・パクストンの初期作品集。ハリウッド・アーガイルズはハリウッドのレコーディングスタジオででっち上げられた架空のグループだが、彼はそれ以前にもスキップ&フリップ(相方のスキップ・バッティンは後年後期バーズのベーシストとしてバンドのライブ活動を支えていく)としてヒットを連発したり、自身名義でも何枚かのレコードをリリースしている。

本CDは50年代後半から60年代前半にかけてリリースした作品を集めたもの。62年に全米ナンバー1を記録したボビー“ボリス”ピケットの「Monster Mash」の収録がないのは残念だが、冴えまくっていた時期の彼の作品を一纏めに聴くことができるコンピレーションになっている。


The Hollywood Argyles

Alley-Oop ('60 POP#1)
Sho' Know a Lot About Love
Gun Totin' Critter Called Jack
The Bug Eyed Man
Hully Gully
So Fine
Honky Tonk
Yakety Yak
The Way I See It
You're Ruinin' My Gladness
You'll Always Be My Darling
The Lost Ranger
Unemployment
You Been Torturing Me
The Grubble
See You in the Morning
The Morning After (The Night Before)
(My Real Boss) Bossy-Nover
Find Another Way




Skip & Flip
It Was I ('59 POP#11)
Lunch Hour
Fancy Nancy ('59 POP#71)
It Could Be
Cherry Pie ('60 POP#11)
(I'll Quit) Cryin' over You
Doubt



Gary Paxton
Teen Age Crush
It's so Funny I Could Cry
Alley Oop Was a Two-Dab Man
Stop Twistin' Baby
Spookie Movies
It Had to Be You
We're Going Back Together




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。