2018年08月31日

The In Sound/Soft Samba - Gary McFarland (Ace)



ジャズヴァイブ奏者、ゲイリー・マクファーランドの64年作と65年作のカップリング。64年の『Soft Samba』は収録曲の約半数をビートルズナンバーが占めているのでビートルマニア便乗作品といえなくもないが、ブラジリアン・テイストのクールなサウンドが非常に洒脱で、それから数十年後にラウンジ・ミュージックの古典的作品として再評価を受けることになるアルバム。65年の『ジ・イン(イケてる)サウンド』はラテンビートとコーラスでエキゾチックに仕上げられたラウンジ・アルバム。より“ヒップ(こちらも大体イケてると同義)”なイージーリスニング風ジャズに挑戦している。


The In Sound ('65)

The Moment of Truth
Bloop Bleep
The Hills of Verdugo
Over Easy
Here I Am
Fried Bananas
The Sting of The Bee
Wine and Bread
I Concentrate On You
Satisfaction




Soft Samba ('64)Soft Samba ('64)
Ringo, Won't You Marry Me
From Russia with Love
She Loves You
A Hard Day's Night
The Good Life
More
And I Love Her
The Love Goddess
I Want to Hold Your Hand
Emily
California Here I Come
La Vie En Rose




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。