2018年08月22日

More Jerry Lewis/Jerry Lewis Sings for Children (Sepia)



コメディ俳優ジェリー・ルイスのアルバム2作のカップリング。1957年の『More Jerry Lewis』は前年の『Jerry Lewis Just Sing』の成功を受けてリリースされたもので、映画で披露される彼のトレードマークである鼻にかかった“おバカ声”は封印し(その声を武器に音楽界で成功を収めたのは息子のゲイリー・ルイスの方だった)かなり二枚目の“フレッド・アステア風クルーナー”なボーカルアルバムになっている。ただし、ボーカリストとしての技量はそれほどではないので、アルバムの内容はそこそこ。続く60年作『Jerry Lewis Sings for Children』は彼が得意とする子供向けの内容で、幾分コミカルな面も披露されているが、やはりどこか彼の“俺ってイケてる?”という気取った雰囲気が伝わってくる(笑)ので、今聴くとその“イタさ”を突っ込みどころとして楽しむことができる。


More Jerry Lewis ('57)

Easy to Love
You're Driving Me Crazy
I Dream of You
Everything I Have Is Yours
Isn't It A Pity?
You Do Something to Me
Somebody Loves Me
I'm Glad There Is You
There's A Rainbow 'Round My Shoulder
I'm Nobody's Baby
Too Late Now
I've Heard That Song Before



Jerry Lewis Sings for Children
Little Sir Echo
This Little Piggie Went to Market
Hit The Road to Dreamland
When You Wish Upon A Star
I Whistle A Happy Tune
That's My Heartstrings
Over The Rainbow
Little Man, You've Had A Busy Day
Goodnight, Little People
Brahms Lullaby




Bonus Tracks
Sad Sack
Song from "The Geisha Boy"
The More I See You
Everything's Coming Up Roses



posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。