2018年08月13日

The Complete Columbia Singles 1963-1966 - Kenny Rankin (Sony Music Japan)



ケニー・ランキンが1960年代にコロンビア・レコードからリリースしたシングル音源を集めた日本独自企画のコンピレーション『The Complete Columbia Singles 1963-1966』が昨年アナログのみで発売されたときは、随分と悔しい思いをした。アナログ盤を再生する装置が我が家にはないので、それでも買うかどうか非常に悩んだが、我慢はしてみるものでこの度アナログ盤収録曲に彼がヨーロッパ各国で録音した音源を追加したまさしく“コンプリート版”がCDで入手できることとなった。

ケニー・ランキンの活動歴は古く、1950年代後半には既にレコードデビューを果たしており、成功の糸口を探していたところにコロンビア所属の大スター、ディオンと知己を得、彼のプロデュースで64年に同社からのファーストシングル「Baby Goodbye」がリリースされた。ディオンのバックを務めるコーラスグループ、ザ・ワンダラーズも参加した同曲は当時のディオンの作風というよりも、その数年後彼がリリースする「Abraham, Martin and John」あたりを彷彿させるアコースティックサウンドになっておりその点非常に興味深いが、残念ながらヒットには至らず。その後活躍の場をヨーロッパに求めて数か国語でレコーディングを行ったり、セッションギタリストとしてディランの重要作『Bring It All Back Home』に参加したりと紆余曲折の末「In The Name of Love」がペギー・リーに、「Haven't We Met」がカーメン・マクレーに取り上げられ、ようやくシンガーソングライターとして注目を集めるきっかけをつかめるか・・?という試行錯誤の時期の作品が本CDには収められている。

そんな時期の録音なので後年の彼の洗練された作風とはかなり異なるものが多いが、R&Rからフォーク調、フレンチポップまで、彼の美声で歌われる作品はそれぞれ楽しめる。外国語(ドイツ、フランス、イタリア)で録音された作品もなかなかいいムードで、才能ある人は何をやってもそれなりに出来てしまうのだな(その方向が正しいかは別として・・)と聴きながら思った。何かのはずみでこれらが成功していたら現在我々が知るケニー・ランキンの名作の数々は存在しなかった可能性が高い訳で、そういった意味でも興味深い作品集となっている。



Baby Goodbye
Soft Guitar
Where Did My Little Girl Go
U.S. Mail
There'll Be No Other Love (For Me)
Knowing I Won't Go Back There
In The Name of Love
Haven't We Met
Come On and Be My Love - Kenny & Yvonne
Don't Go to Strangers - Kenny & Yvonne



Bonus Tracks:
Mexico Guitar
Zwei Augen Voll Sonnenschein
Ne Parlons Pas D'amour (No. No. No. No)
Longtemps. Longtemps
Tant Que Chantera Cette Guitare
Baby Adieu
Soltanto Ciao
Ogni Giorno Che Verra
Il Tuo Amore
Non Mi Posso Innamorare Di Te
Mal Bist Du So Und Mal So
Yo No Se Que Acer


posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。