2018年07月16日

The Uni, MCA and 20th Century Records Singles 1972-1975 - Love Unlimited (20th Century/Mercury/UMe)



先日アルバム『恋の雨音』が1,000円CD化されたラヴ・アンリミテッドの、こちらは70年代前半〜半ばにかけてリリースされたシングル音源を集めたコンピレーション。バリー・ホワイトのボーカルは人により好き嫌いがわかれるので、彼のあのサウンドで、女声ボーカルというこちらの方が断然好きというポップスファンも意外と多いかもしれない。彼女たちはホワイトの活躍に華を添える、という表現では収まらない力強い作品を多数残しているので、この時期の他のアルバムや、その後ホワイトが起こしたレーベル「Unlimited Gold」から放ったヒット曲を集めたコンピレーションなどのリリースも、いずれ期待したい。


Walkin' in The Rain with The One I Love ('72 R&B#6/POP#14/UK#14)
I Should Have Known
Is It Really True Boy - Is It Really Me ('72 POP#101)
Another Chance
Are You Sure
Fragile - Handle with Care
I'll Be Yours Forever More
Oh Love, Well We Finally Made It ('73 R&B#70)
Yes, We Finally Made It ('73 POP#101)
It May Be Winter Outside (But in My Heart It's Spring) ('73 R&B#35/POP#83/UK#11)
It's Winter Again (instrumental)
Under The Influence of Love ('74 R&B#70/POP#76)
Under The Influence of Love (instrumental)
People of Tomorrow Are The Children of Today
So Nice to Hear
I Belong to You ('75 R&B#1/POP#27)
And Only You
Share A Little Love in Your Heart ('75 R&B#21)
I Love You So, Never Gonna Let You Go



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。