2018年07月13日

サヨナラは出発のことば +3 - 安田明とビート・フォーク (Solid/Ultra Vybe)
ナウ・ディスコティック - ビート・フォーク (Solid/Ultra Vybe)



安田明とビート・フォークは、1970年代半ばに各地のディスコや米軍キャンプなどで演奏活動を行っていた当時は稀な和製ファンクバンド。1990年代に盛んにリリースされたコンピレーション『幻の名盤解放同盟』周辺でその名前は何度も聞いていたが、作品を実際に聴くのは今回が初めて。

1975年のファースト『サヨナラは出発のことば』はそれまで日本の民謡をファンク調に演奏するシングルなどをリリースしていた彼らが全編オリジナルで世に問うた意欲作。サウンドはR&B〜ファンク、詞はフォーク調という奇妙な世界だが、演奏力は非常に高く、ねちっこいボーカルはある意味“ソウル”といえるのかも。続いて76年にリリースされた『ナウ・ディスコティック』は当時ディスコで流行っていた洋楽ナンバーを彼らがカバーしたもので、こちらの方がいつもの彼らの姿なのだろう。どの録音も本家に劣らぬ内容で、当時既にこのようなR&Bバンドが日本に存在していたことに驚嘆する。

彼ら自身が商業的な成功を収めることはなかったが、ボーカルの安田明はアニメソングの世界にも録音を残しており「ドカベン」や「ヤッターマン」の主題歌は彼によるものなのだとか。聴きなおしてみると、意外とソウルフルに聞こえるかも・・?


サヨナラは出発のことば ('75)

サヨナラは出発の言葉
帰ろうか帰ろうか
或る青春
街は風の港
嘘つき
思い出
昭和葉隠れ
愛のテーマ
愛の血液合わせ
ふりむけば



Bonus Tracks:
帰ろうか帰ろうか(シングル・バージョン)
ユムラのオババ
ほおずきの実



ナウ・ディスコティック ('76)
レッツ・ゴー・トゥ・ザ・ディスコ
ギミー・ザ・キー
ハッスル・ウィット・エヴリィ・マッスル
シェイム・シェイム・シェイム
バズーカ・リミテッド
ザッツ・ザ・ウェイ
アスク・ミー
ディスコ・ベイビー
ハーフ・ムーン
ウンチョコ




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。