2018年07月10日

プリーズ・プリーズ・ミー:ベスト・コレクション 1964-1966 - クールキャッツ (Solid/Ultra Vybe)



1964年に“和製ビートルズ”のキャッチフレーズでデビューしたボーカルグループ、クールキャッツ。この手のCDのリリースはできるだけ情報をキャッチして入手するようにしているのだが、数年前にリリースされた際には不覚にも見落としていたので、今回の1,000円CD化は嬉しい限り。日本語によるビートルズのカバーといえば随分前にCD化された東京ビートルズが衝撃的で「プリーズ・プリーズ・ミー」も彼らの破壊力には適わないが、クールキャッツにはそれを補って余りある魅力がある。

元々他のアーティストのバックコーラスを務めていたというだけあって彼らの歌は上手く、アメリカでいえばレターメンのような心地よさ。それでいてレパートリーはビートルズをはじめとしたブリティッシュビートやマニアックなアメリカンポップスで、非常にマニア心をくすぐられる。1966年にリリースしたシングル「孤独の世界」はバリー・マクガイアのカバーかと思えばさにあらず、なんとサイモンとガーファンクルの「Sound of Silence」というどんでん返しのようなオチまで待ち構えている・・。

その後彼らはGSブームの波に抗えずバンド編成となって再出発するが、結局グループの延命はかなわなかった。日本語のカバーポップス末期の仇花のような彼らの諸作は、洋楽ファンにこそ聴いてほしい。



プリーズ・プリーズ・ミー
恋のスペシャル・メール
若さを歌おう
プリーズ・ミスター・ポストマン
夜ふけのブルース
ドー・ユー・ラブ・ミー
ダイヤモンド・ストリート
マミーナ
ハイティーン・マーチ
もっと寄りそって
滑りこみアウト
ルック・オブ・ラブ
ウーマン
アイ・キャント・ストップ
シンキング・オブ・ユー・ベイビー
若い夢
ホット・セブンティーン
涙のクラウン
悲しきパラダイス
あの娘のスタイル
孤独の世界




瀬川洋一とザ・クール・キャッツ:
恋の花
あの娘の星
泣くだけさ
僕の気持も知らないで
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。