2018年07月04日

The Musical Adventures of The Clevedonaires, Cleves & Bitch (Frenzy Music)



こちらはニュージーランド出身のグループ。1960年代初頭に学生バンドとして結成されたクリーヴドネアズは1967年にサイケ/ガレージバンドとしてレコードデビュー。その数年後に活動拠点をオーストラリアに移すと名前を“クリーヴス”に改め、今度はプログレ調のアルバムをリリース。さらに70年代に入ると今度はヨーロッパに渡り、ハードロックバンド“ビッチ”として活動(笑)。

このCDは約10年間にわたる彼らの生生流転を記録している。とはいえいずれの時期もそれなりの内容の作品を残しているところがエラく、中でもクリーヴドネアズのデビューシングル「He's Ready」はどこに出しても恥ずかしくないガール・ガレージクラシックだし、70年代の“ビッチ”もブリティッシュ系のハードロックで意外と悪くない。ニュージーランドシーン、ますます気になる。。。


The Clevedonaires
How You Lied
He's Ready
Lost Woman
Sunny Goodge Street
Up The Wooden Hills to Bedfordshire




The Cleves
Sticks and Stones
You and Me
Michael
Wait for A Moment
There Is A Place
Keep Trying
Time Has Come
Waterfall Gully




Bitch
Good Time Coming
Rollin' Down The Hill
Hero
Falling Rain
Wildcat
I'm Gonna Love You
Won't Be Home Tonight
Horizon




posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。