2018年06月25日

Bob Stanley & Pete Wiggs present Paris in The Spring (Ace)



セント・エティエンヌのボブ・スタンレーとピート・ウィグスが時折エース・レコードからリリースする“気まぐれコンピ”最新版のテーマは「パリの春」。とはいってもスタンダードナンバー「I Love Paris」のような能天気な雰囲気ではなく、1960年代後半〜70年代初頭にかけて盛り上がった社会運動の影響や、国内外で起こった惨劇への抗議を表明した音楽ばかりを集めたもの。収録曲はどれも重く、怒りに満ちた雰囲気に溢れ、数年前までアイドル然としたフレンチポップを歌っていたアーティストも、変わらざるを得なかった(時代の雰囲気に流された部分も多分にあるだろうが・・)この時期の空気を色濃く反映している。


La Victime (Part 1) - Karl Heinz Schäfer
Hélicoptère - Mireille Darc
Les Aventures Extraordinaires D'un Billet De Banque - Bernard Lavilliers
Roses and Revolvers - Janko Nilovic
L'elu - Ilous & Decuyper
La Métaphore - Jacques Dutronc
Dommage Que Tu Sois Mort - Brigitte Fontaine
Les Gardes Volent Au Secours Du Roi (Alternate Version) - Jean-Claude Vannier
Looking for You - Nino Ferrer
Chanson D'Un Jour D'Hiver - Cortex
Viens - Françoise Hardy
Couleurs - Léonie
Leslie Simone - William Sheller
Litanies - Triangle
Baleines - Francois De Roubaix
Encore Lui - Jane Birkin
Evelyne - Serge Gainsbourg
Le Bal Des Laze - Michel Polnareff
Lileth - Léonie
Ystor - Ys
Chanson Pour Que Tu M'aimes Un Peu - France Gall
La Victime (Part 2) - Karl Heinz Schäfer
La Chanson D'Hélène - Romy Schneider & Michel Piccoli




posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。